人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.13

Apple Watchはシリーズ4で何がどう変わったか?

 Appleが9月13日(現地時間9月12日)、新しい第4世代のApple Watch「Apple Watch Series 4」を発表しました。従40mmと44mmの2種類のサイズが用意され、価格はGPSモデルが4万5800円から、LTEで通信が可能なGPS+CELLULARモデルが5万6800円からとなっています。9月14日から予約を開始し、9月21日に発売予定です。従来のApple Watchと何がどう違うのか? 確認していきましょう。

画面サイズの拡大で生まれ変わったボディ

 Apple Watch Series 4のケースは、アルミニウムとステンレススチールの2種類から選べます。カラーはアルミニウムがシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ステンレスにはシルバー、ブラック、ゴールドが揃い、従来モデルにもあった「Apple Watch Nike+」「Apple Watch Hermes」もラインアップされます。なお、新作を含め全てのバンドはどの世代のApple Watchにも共通で使えます。


 Apple Watch Series 4はデザインと設計が大きく変わり、ディスプレイは額縁をより細くすることで従来モデルより30%以上大きく、また、より薄くなりました。それにも関わらず、1回の充電でバッテリーが最大18時間、ほぼ1日中持続します。

 スピーカーは、Siriとトランシーバーが使いやすいよう音量が50%アップし、マイクの位置も集音しやすく変更されました。64bitデュアルコアプロセッサのS4チップを搭載し、省電力でありながら処理速度は2倍に向上しています。

 また、フォントやボタン、アイコンなどのUIは、大きくなったディスプレイに最適化されました。文字盤には最大8つのコンプリケーションを設定でき、より多くの情報を表示できます。

大きくなったディスプレイ。複雑な表示も見やすく表示

 デジタルクラウンも大きく進化しました。触覚フィードバックにより、スクロールするとクリック感が伝わってきます。

デジタルクラウンには触覚フィードバックを採用し、スクロールするとクリック感が伝わってくる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ