人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.13

3機種登場した新型iPhone、最も注目すべきは6.5インチ大画面の「XS Max」

 アップルは9月13日(日本時間)、米国・クパチーノの同社キャンパス内にあるSteve Jobs Theaterにおいて、Apple Special Eventを開催し、iPhoneの新モデル3機種、Apple Watchなどを発表した。ここでは新たに発表された「iPhone XS」「iPhone XS Max「iPhone XR」について、解説しよう。

左からiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR

新世代設計のiPhone XSとiPhone XS Max

 初代モデル以降、毎年、新機種を投入してきたアップルのiPhone。これまでも何度か、デザインを大きく変更する発表が行なわれてきたが、今年は昨年、発表されたモデルの流れを受け継いでいるものの、ラインアップを一新する発表となった。

 まず、今回発表されたiPhoneは、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種になる。昨年発表された「iPhone X」の「アイフォーンテン」という呼び方を継承し、「アイフォーン・テン・エス」「アイフォーン・テン・エス・マックス」「アイフォーン・テン・アール」と呼ばれる。いずれもiPhone Xと同じように、ホームボタンがなく、前面のほとんどをディスプレイが覆うデザインを採用している。

 メインモデルとなるiPhone XSは、ステンレス製ボディに5.8インチのSuperRetina OLED(有機EL)ディスプレイを搭載したモデル。5.5インチのディスプレイを搭載したiPhone 8 Plusよりもコンパクトなボディで、ひと回り大きなディスプレイを搭載したことになる。サイズは従来のiPhone Xとまったく同じで、重量がわずか3g増えただけなので、おそらくケースや保護フィルムなどのアクセサリー類は、iPhone Xのものが流用できると予想される。

 iPhone XS MaxはiPhone XSと基本仕様を共通にしながら、ステンレス製ボディにひと回り大きい6.5インチのSuperRetina OLED(有機EL)ディスプレイを搭載したモデル。5.5インチのディスプレイを搭載したiPhone 8 Plusとほぼ同サイズのボディで、1インチ大きなディスプレイを搭載したことになる。

左からiPhone XS、iPhone 8 Plus、iPhone XS Max

 iPhone XS/XS Maxともに、ボディはIP68の防水防塵に対応する。発表イベントでは開発時に真水以外に、海水やビール、ジュースといったものでもテストを重ねたことが明らかにされた。ボディカラーは両モデル共に、ゴールド、スペースグレイ、シルバーがラインアップされる。ディスプレイはいずれもHDR 10及びDolby Visionコンテンツの再生に対応し、本体の上下に備えられたスピーカーにより、本体を横向きに構えることで、ステレオサウンドを楽しむことができる。

 本体のディスプレイの上部には、iPhone Xと同じように、ノッチ(切り欠き)があり、その中央部分にはフロントカメラやスピーカー(レシーバー)、マイクなどを内蔵するほか、セキュリティロック解除の「Face ID」を利用するためのセンサー類が組み込まれている。

 Face IDは一般的な顔認証と違い、登録時に顔を立体的かつ特徴点を記録するため、双子などの特殊な例を除けば、写真などでロックを解除できないとされる。ロック画面に表示されたメールや着信などの通知情報は項目のみが表示されるが、FaceIDでロックを解除すると、その内容が表示される仕組みとなっている。

 スマートフォンの心臓部となるチップセットは、A12 Bionicが搭載される。半導体を製造するときの微細さを表わすプロセスルールは初の7nmとなり、4コアのGPU(グラフィック)、6コアのCPU、ニューラルエンジン などで構成される。ストレージは64GB、128GBに加え、iPhoneでの最大容量となる512GB搭載モデルがラインアップに加わる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。