人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.12

本田ばりの強心臓男・堂安律があの決定機の瞬間考えていたこと

Photo:GettyImages

 勝手知ったるガンバ大阪の本拠地・パナソニックスタジアム吹田に、弱冠20歳の新世代レフティ・堂安律(フローニンゲン)が日の丸をつけて凱旋した……。

随所に見えた大器の片鱗

 北海道大地震の影響で4日遅れの森保一監督体制初陣となった11日のコスタリカ戦。東京五輪世代のエースは4-4-2の右MFで先発。待望のA代表デビューを飾った。リオネル・メッシ(バルセロナ)を想起させる切れ味鋭いテクニックとゴールセンスを10代の頃から漂わせていた若武者は、前半こそ緊張から慎重な入りを見せていたが、時間を追うごとに大胆さを発揮していく。小野伸二(札幌)、内田篤人(鹿島)、香川真司(ドルトムント)…と、20歳前後でA代表デビューした選手は過去にも何人かいたが、これほど堂々としたプレーを見せたのは、強靭なメンタリティを備える内田くらい。堂安はワールドカップで活躍した日本を代表するタレントたちの系譜に加わるだけの可能性を示したと言っていいだろう。

 大器の片りんを感じさせた最たるシーンが後半15分の決定機だ。左の中島翔哉(ポルティモネンセ)が華麗なターンで前を向き、中央にいた小林悠(川崎)にボールを預けた瞬間、右から斜めに抜け出してスルーパスを受ける。そして迷わず左足を一閃。これは惜しくもGKに当たり、ゴールラインギリギリのところでDFに掻き出されてしまったが、本人は「シュートを打つ前にパフォーマンスを考えていました」とアッケらかんと口にしてみせたのだ。
「GKが完全に寝転ぶと思っていたので、チョンとして、観客が黙ってシーンってゴールが入っていくイメージだったんですけど…。やられました(苦笑)」という大胆な物言いは、同じガンバ大阪の下部組織出身の先輩・本田圭佑(メルボルン)を彷彿させる。後半34分のペナルティエリア右外でのFKの場面でも名手・天野純(横浜)に「蹴らせてほしい」とお願いしたところも、かつて中村俊輔(磐田)に同じ要求をした本田と同じだ。

 本人はワールドカップ3大会連続で通算4ゴールという規格外の実績を残した12歳上のアタッカーに似ていると言われて「あまり人と比較されるのは好きじゃない」とアッサリしたもの。「自分自身、思ったことはしっかり伝えて、それを実行していくという信念があるので、そこは曲げてはダメだと思いますし、これからプレッシャーとかいろいろ活躍すればするほどついてくると思うけど、それに負けないプレーヤーになるのが今の目標です」とストレートに言い切った。こういった口ぶりはやはり若かりし日の本田と重なる。一般社会同様に、サッカー界も今の20代以下は大人しい選手が少なくないが、堂安はこうした傾向と一線を画している。キャラクターもパフォーマンスも兼ね備えた久しぶりのスター候補の出現に、多くの人々が期待を抱いたことだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ