人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドイツIFAで判明!オーディオ機器2019年のトレンドはワイヤレスNCとスマート対応

2018.09.17

音楽ファン向けのスピーカーブランドがスマートスピーカーに参入

 スピーカーによる音楽リスニングではスマート対応がキーワードとなる。音楽ファン向けスピーカーを手がけるメーカーが、スマートスピーカーの発売を本格化させている。

欧州でも人気のAmazon Alexaはキーノートスピーチに登壇

 ギターアンプ風デザインのスピーカー/ヘッドホンを販売しているMasrshall Speakersは、同社のワイヤレススピーカーにAmazon Alexa対応モデル、Googleアシスタント対応モデルを追加。それぞれ「ACTON II VOICE」「STANMORE II VOICE」として発売し、Amazon Alexa対応モデルは秋から発売を開始予定だ。

 デンマークのLIBRATONEは、同社のワイヤレススピーカーをスマートスピーカー化した「ZIPP 2」「ZIPP 2 MINI」を披露。360度サウンドを再生するスピーカーで、Amazon Alexaに対応する。

「STANMORE II VOICE」は399ドル。写真はAmazon Alexa対応版

「ACTON II VOICE」は299ドル。Googleアシスタント対応版も追って発売予定

LIBRATONEのスマートスピーカー「ZIPP 2」「ZIPP 2 MINI」「ZIPP 2」が279ポンド、「ZIPP 2 MINI」が229ポンド

 欧州は定額音楽配信とマルチルームリスニングが人気だが、IFA 2018で発表された製品群はいずれも、発売中のWi-Fiスピーカーのスマート版と呼ぶべきモデル。音楽を手軽に聴く、そんな目的でもAmazon AlexaやGoogleアシスタントに対応したスマートスピーカーの方が便利という認識が高まっている。

 スマートスピーカーなので、当然ボイスアシスタントの利用や家庭内のIoT機器の操作も利用可能。プラッフォトーム拡大を図るAmazon AlexaやGoogleアシスタントと、自社製品の利便性を向上させるスピーカーブランドの思惑が一致する形で、業界を飲み込む一大トレンドを形成している。

取材・文/折原 一也
(オーディオ・ビジュアルライター)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。