人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.17

シリーズ初のデュアルカメラ搭載した「Xperia XZ2 Premium」を実写テスト

■連載/一条真人の検証日記

Xperiaには高性能版として「Premium」を末尾につけたモデルがラインアップされている。最新のものはXZ2の高性能版ということでかXZ2 Premiumというモデルが登場している。今までXperiaにはデュアルレンズカメラはなぜないのか? と疑問に思っていた人が多いかもしれないが、このXZ2 Premiumには待望のダブルレンズカメラが搭載された。当然、カメラだけではなく、ディスプレイやサウンド機能も大きく進化している。AVメーカーでもあるソニーの総力が投入された、そんなスマホに仕上がっている。

ついに登場したXperiaシリーズ初のデュアルカメラ搭載機。

外観

このスマホを手に取ると、サイズ感にちょっと驚くことになるだろう。今までのXperaの中で大柄というより、現在のスマホの中で数値的にもっとも大きなモデルではないだろうか? しかし、その背面は曲面を描いており、エッジの部分は薄く、実際に手に持ってみると、そう扱いにくいものではない。

背面は以前のようなガラス板ではなく、つやつやした自動車の塗装表面の様な仕上げになっており、持った印象もいい。ちなみにサイズと重量は以下となる。

高さ約158mm×幅約 80mm×厚さ約 11.9mm(最厚部11.9mm) 重量 約 236g

この機種の特徴のひとつに、イヤホンジャックがない。iPhone Xからのトレンドだ。このXZ2 PremiumにはUSB—イヤホンジャックケーブルが付属しているので、USBポートを使って、イヤホンを接続できる。ハイレゾオーディオにも対応し、また、ソニーのBluetooth接続規格であるLDACにも対応しているので、LDAC対応ヘッドホンと接続し、ワイヤレス接続でハイレゾオーディオを楽しめる。

イヤホンジャックになるUSBケーブルが付属。

ハイレゾ対応ヘッドホンを接続してハイレゾ音楽も聴ける。

また、便利なのがSIMスロットだ。ほとんどの機種がSIMピンを挿してSIMスロットを抜き出すタイプなのに対して、XZ2 PremiumはSIMスロットを爪でひっかけて引き抜くことができるので、工具なしで作業ができて便利だ。

爪で引き出せるSIMスロットが便利だ。

ディスプレイサイズは約5.8インチで2160×3840ドット。4000ドットには届いていないようだが、それでも高い解像度のおかげでカメラのプレビューで見ていても映像のリアリズムの高さを感じる。ディスプレイはHDRに対応していて、色再現性も高い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。