人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.15

睡眠不足になると不思議とジャンクフードが食べたくなる理由

寝不足だとジャンクフードが食べたくなる?

 睡眠不足の弊害が指摘されているのだが、最近の調査では睡眠不足がいわゆる“ジャンクフード”などの不健康な食品の“深夜食”に関係があることが指摘されている。睡眠不足を深夜の“ドカ食い”で埋め合わせようとしているのである。

 米・アリゾナ大学ヘルスサイエンスの研究チームは、アメリカ国内の23都市、3105人に電話によるアンケート調査を行なった。尋ねた内容は“深夜食”の習慣があるのかどうか、睡眠不足が“ジャンクフード”の渇望を引き起こしているのかどうか、そして現在の睡眠の状況と健康状態である。

 調査の結果、なんと60%にものぼる人々が“深夜食”の習慣を持っており、また3分の2にあたる人々が睡眠不足の状態でジャンクフードを食べたくなると回答していたのだ。

 研究チームは“ジャンクフード欲”は2倍の確率で“深夜食”を習慣化し、肥満に繋がるものであることを突き止めている。また睡眠の質の低さが“ジャンクフード欲”の主たる要因であり、これが肥満や糖尿病をはじめとする健康問題の大きな元凶になっているという。

Metro」より

「睡眠の質の貧しさとジャンクフードへの欲求と不健康な“深夜食”との間のこの関係は、睡眠が代謝を司る重要な要素であることを示唆しています」と研究チームのマイケル・グランダー助教授は語る。

 アメリカ合衆国保健福祉省によれば、アメリカ人の15〜20%が睡眠障害および覚醒障害に苛まれているということだ。

 研究チームは睡眠がどのように記憶、精神的健康、ストレス、敏捷性および意思決定に影響するか、および環境因子が睡眠にどのように影響するかを評価するための研究、および主要な臨床試験を行う学際的な研究に今後も取り組んでいくという。

 深夜に何か食べたいと思う前に早く寝てしまうに限るということになる。夜更かしが原因の体重増加は何としても避けたいものだ。

文/仲田しんじ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。