人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.18

入社5年目の本音「関西での2年間の営業は和歌山ラーメンのようにコテコテでした」スリーエムジャパン・小野岡圭太さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ~スリーエムジャパン/小野岡圭太さん(28才、入社5年目)

 若手社員の仕事へのモチベーションの熟知は中間管理職にとって、職場での人間関係を円滑にする必須条件。また、若手社員にとっても同世代が、どんな仕事に悪戦苦闘しているか、興味のあるところに違いない。バライティーに富んだ職種を紹介してきたこの企画、今回はアメリカ・ミネソタ州に本社を置く3Mである。

 シリーズ36回目、スリーエムジャパン株式会社(以下•3M)コンストラクションマーケット事業部マーケティング部 小野岡圭太さん(28)入社5年目だ。3Mは世界的な化学・電気素材メーカー。他に医療、工業用品、各種接着剤、接着用テープ、張付フィルム、付箋紙をはじめ文房具等々、製品の数はおよそ5万5000にのぼる。

 高校時代に日本の自宅に、ホームスティの学生を受け入れ、外国の教育に興味を持った小野岡さん、自らも留学しアメリカの大学で国際経済学を専攻。

初任地の関西は戸惑うことの連続

 学生時代は発展途上国の子どもたちが、活躍できる環境づくりの手助けをしたい。日本の文化やテクノロジーを海外に広めることに、貢献したいという思いがありました。卒業間近な頃は、アメリカで起業することも考えたのですが、食べていくのが大変だと。

 日本に戻り国際的な起業で働く道もある。雑誌のフォーブスの最も刷新的な企業のランキングに、グーグルやアップルに混じって3Mも挙げられていて。調べてみるとホームセンターには3Mの製品ばかりだ。帰国して留学生採用のためのセミナーを訪れると、たまたま3Mもブースを出していた。興味を持っていた企業だったので話を聞いて。僕の将来的な想いや希望も聞いてもらって。よし!と。

 希望していたのは、経営企画やマーケティングだったのですが、最初の配属が西日本販売部の営業、大阪支店勤務だったのでビックリしました。支社のオフィスに通う通勤電車の中も関東より人がせわしなく感じられて、関東育ちの僕は戸惑うことの連続でした。食文化も違っていた。

「昼メシ行くか」定年間近の大先輩に誘われた時のことです。付いて行ったら和歌山ラーメンの店に連れて行かれて。

「ここのラーメンはコテコテで、冷めるとスープの表面に油の膜が張っちゃうんだよ。気をつけないと腹にもたれるし、口が脂でカピカピになっちゃうんだ」ラーメン屋を出た後、そう言っていた大先輩当人の口がピカピカになって、うまく舌が回らなくなっていて。

 勤務をはじめた当時は電話でアポイントを取って訪ねて行く、飛び込みの営業を30件近くやりました。当時は「3M“VHB”テープ」という、家電の異種素材同士の接合や、海外ではカーテンウォールといって、建物の荷重を直接負担しない外壁の貼り付けに使ったりする、強力な両面テープをセールスしていていました。

「ごめんください」
「何しに来たん?」
「電話でお話した強力な両面テープを…」
「両面テープって何するんや」
「溶接やビス留めするところをテープにするご提案で…」
「そないなもん、使こうてどないするんや?」
「どないするのかとおっしゃられても…」
「まあ、ええがな、そこに座り」

 うちの商品はニッチな製品に数多く使われるので、商談の相手は中小企業の工場長も多い。話好きで気のいい工場長が多かったのですが、赴任してしばらくは、「そやろ」「こやろ」と繰り出す関西弁が、めちゃくちゃ早くて聞き取れない。英語より難しかったですよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ