人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

創業30周年を記念して完全リニューアルされた「セゾンファクトリー」のドレッシング&ジャム

2018.09.16

〇「マンゴージャム」/「ブルーベリージャム」

「ブルーベリージャム」は2種類のブリーベリーを使っている。果肉を活かすワイルド種(野生種)で濃厚なコクを出し、甘みのあるカルチベイト(栽培種)をピューレにして2種類を合わせることで互いの良さを引き立たせている。つぶつぶとした果肉感、素材感が味わえる。ハード系パンとの相性がいい。アレンジメニューは「ヨーグルトバーグ」。ゼラチン、生クリーム、水切りヨーグルト、レモン果汁、ハチミツ、グラニュー糖、卵白にブルーベリージャムを加えて冷やして固めた簡単デザートで、甘みを抑えたさっぱり味。水切りヨーグルトとジャムを混ぜて冷やし固めるだけの簡単バージョンも。

 また、赤ワインとバター、バルサミコ酢にラズベリージャムを加えて加熱すれば甘酸っぱい赤ワインソースができる。豚ロースのソテー(シーザードレッシングの画像を参照)や、ボイルしたチキンにかければ色鮮やかなごちそうに。

「マンゴージャム」は従来よりも果肉をしっかりと残した形にリニューアル。隠し味にパッションフルーツの果汁を加えている。アレンジメニュー「バジルのパンナコッタ」は、生クリーム、牛乳、グラニュー糖を鍋で沸かし、ふやかしたゼラチンに隠し味のバジルを入れ蒸らしてから冷やし固めてできあがり。仕上げにたっぷりとマンゴージャムをのせて完成。

【AJの読み】贈答品だけじゃない普段使いのできるドレッシング&ジャム

 百貨店やホテルで見かけるセゾンファクトリーの商品は、高級感のある贈答品向けというイメージだったが、リッチスタイルシリーズのドレッシング&ジャムは普段使いできると認識を新たにした。ドレッシングはサラダにかけるだけではもったいない。調味料、ソースとして幅広く使うことをおすすめする。パスタと和えるだけでもおいしいので自宅のひとりランチに活用できそう。

 ジャムはとにかく素材感があり、そのまま食べてもおいしい。特にマンゴー好きの自分はひと瓶まるごと食べてしまいたくなる衝動に駆られる。アレンジデザートもいいが、朝食のパンやヨーグルト、おやつのアイスにトッピングという基本の食べ方こそおいしさを実感できると思う。ハードパンが大好きでビゴの「ペイザン・フリュイ」はかなりの頻度で食べているが、こちらにブルーベリージャムを添えたところ1本を一気に食べてしまった。食べすぎ注意……。

文/阿部 純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。