人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.10

総動員数53万人!乃木坂46「真夏の全国ツアー2018」が完全燃焼で閉幕

7月の「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」から「宮城ひとめぼれスタジアム」まで、全国6会場11公演、総動員数53万人と過去最大規模となった「真夏の全国ツアー2018」が、9月2日に幕を閉じた。

2会場で歌声を届けた「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」

乃木坂46は毎年2月に、デビュー日を記念して「BIRTHDAY LIVE」を開催している。

しかし今年は見合う会場が見当たらず、7月にまで延期。満を持して開催された「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」は“シンクロニシティライブ”と題され、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場で併催。メンバーは両会場を何度も往復し、3日間で延べ18万人を魅了した。

乃木坂46初となる全国ドーム&スタジアムツアー

グループ初となる全国ドーム&スタジアムツアーは「福岡ヤフオク!ドーム」を皮切りにスタート。

最新シングル「ジコチューで行こう!」のタイトルにちなみ、各公演によりセットリストは大幅に変更。また、メンバーが自己プロデュース演出で楽曲をパフォーマンスする「ジコチュープロデュース」なるスペシャルプログラムも展開された。

ステージでパフォーマンスを披露したり、笑いをとったりと、それぞれのメンバーによる個性豊かな演出はたちまち人気コーナーとなった。

「福岡ヤフオク!ドーム」「ナゴヤドーム」の室内会場ではふんだんにレーザーがかざされ、メンバーや楽曲をより一層引き立てる演出が目立った。一方「大阪ヤンマースタジアム長居」「宮城ひとめぼれスタジアム」の屋外会場では、噴水を使った演出やウォーターキャノンを何度も発射。涼やかな演出は、メンバーのみならず観客にも癒しを与えた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ