人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.09

経営者の二番目の悩みは「社員教育」、では一番の悩みは何?

採用が難しいと言われるこのご時世。

働き方改革が進み、生産性・効率性を上げることが企業にとって必須の課題となっているが、その中での経営者はどのような悩みを抱えているのだろうか?そこで今回、前年度と比較した際の業績や、会社で困っていることなど「経営者の悩み」に関する調査結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

6割以上の経営者が「業績は上昇している」と回答

Q1.あなたの会社の前年度と比較した際の業績をお答えください。【単数回答】(n=300)

会社経営者・役員に対し、前年度と比較した際の業績を聞いた株式会社meet inが実施したアンケートによると、「やや上昇」と回答した方が最も多く40.3%となった。次いで「上昇」22.7%と合計63.0%が上昇しているという結果に。不景気だと言われることも多い昨今だが、前年度より上昇傾向にあるようだ。

Q2.あなたの会社の状況として、各項目であてはまるものをお答えください。【単数回答】(n=300)

各項目で「あてはまる」と回答した方が最も多い項目は『採用ができない』となり57.0%が回答。次いで『社員の教育がうまくいかない』(50.3%)と人事・採用に関する項目が上位となった。また、『売上高が上がらない』、『資金繰りがうまくいかない』という項目は、「あてはまる」と回答した方は4割以下という結果に。前年度と比較し業績が上昇している方が多いためだろうか。

Q3.あなたの会社で困っていることをお答えください。【複数回答】(n=300)

会社で困っていることは、前問と同じく「採用難」が52.3%で最も多いという結果に。次いで「労働生産性が低い」(30.7%)、「教育制度」(28.0%)となった。

最も求められている職種は「営業部門(業務)」

Q4.会社で困っていることで「採用難」とお答えの方にお聞きします。採用したいと思う部門(業務)をお答えください。【複数回答】(n=157)

採用に困っていると回答した経営者・役員に対し、採用したいと思う部門(業務)を聞いた株式会社meet inが実施したアンケートによると、「営業部門(業務)」が最も多く51.0%となった。次いで「管理部門(業務)」が21.7%、「マーケティング部門(業務)」が16.6%という結果に。約半数が「営業部門(業務)」と回答している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ