人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.12

アジア太平洋地域の国別AI導入率1位はインドネシア、日本は何位?

国内のさまざまな企業で活用されて始めている「AI」だが、国別でAI導入率を数字で表すと、日本は意外と低いということがわかる。Appierの発表したフォレスター調査によると、アジア太平洋地域での8か国のうちインドネシアが最も高いという結果になった。

次いで、中国(63%)、 インド(62%)という結果になり、 これら3か国の導入率は、 韓国(57%)、 シンガポール(50%)、 日本(47%)などの経済先進国を上回る。

アジア太平洋地域におけるAIの導入動向を明らかにすることを目的に実施された今回の調査では、 回答者の半数以上(53%)が、 AIテクノロジー導入の最大の課題は「ビッグデータの収集・統合」であると回答した。

この結果から、「ビッグデータ」という用語が作られてから10年以上経った今も、 企業は増加の一途をたどるビジネスデータの処理に頭を悩ませていることが浮き彫りになっている。

今回の調査は、人工知能テクノロジーなどの技術調達の意思決定プロセスに携わるビジネスリーダおよびITリーダー260人を対象に行われた。 回答者は、 アジア太平洋地域の日本、 韓国、 シンガポール、 台湾、 中国、 インド、 オーストリア、 インドネシアの8つの市場において、 小売業、 IT/通信業、 金融業、 保険業などに従事している。

関連情報/ http://www.appier.com/jp/
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ