小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サウナの一番カッコ悪い入り方、ついに判明!

2018.09.09

そして結局一人になった…

 たとえばオレがサウナ室に入ったら、すでに知り合いが入ってたりするとする。しつこいようだけど、

「イヤイヤ どもども」

 なんてアイサツだけあって、一応隣に座ったりして、ちょっと会話もするんだけど、そうこうしてるうちに、先に入ってた人が、

「じゃ」

 なんてつってサウナ室から出て行く。

 そして結局サウナ室に残ってるのはオレ一人。

 水風呂だって、同時に知り合いが入ってたなんて瞬間、一回もないしね。

 とにかく同じ場所にメンバーが同時にいるっていうことが、本当にほとんどない。

 これがどういうことかっていうと、みんながみんな完全に自分のペースというか自分ならではのサウナタイミングというか、サウナルーチンタイムみたいなものを確立していて、それが人それぞれまったく別物だってことなんですよ。

 そしてその個人のサウナルーチンタイムは絶対であって、たとえサウナ室で知り合いとあったからといって、その人との会話を付き合うために崩すなんてことをはまったくない!

 とにかくサウナで気持ちよくなるための自分のペースを第一にみなさんサウナに入ってる。

 それと、こんなこともある。

 水風呂上がりにイスに座って休憩してて、隣に誰か座ってるのは なんとなく気づいてたんだけど、別に誰だかなんてのはまったく気にしてないで、でも立ち上がる時にふと隣の人を見てみたら知り合いだったりして、

「あれ○○さん、いたの?」

 なんて、遅ればせながら気づいたりしてね。

 ようするにサウナ中では、人のことなんかあんまりというか、全然気にしてないんですね。
 
 視界にまったく入ってない!!

 自分のペースで自分が気持ちよくなることに自然と集中してるんで、回りに知り合いがいようがいまいが、そんなことはどうでもいい!!

 そして、これこそがサウナで気持ちよくなる神髄である。そう確信したのである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。