人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.08

男性の理想の体型は「クリロナ」!では、女性の理想の体型は?

社会人に「体育の時間」はない。そのため、自発的にジムに通うなり、ランニングをするなり、フットサル・ボルダリングに取り組むなりしないと運動の機会がなく、「運動する人」「運動しない人」の格差が大きくなりがちだ。では実際のところ、日常的にスポーツや運動をする人はどの程度存在するのだろうか?

2人に1人が日常的にスポーツや運動。「ウォーキング」「筋トレ」「ストレッチ・体操」が人気

20~49歳男女に、スポーツや運動を日常的に行っているかを尋ねたアンケートにおいて、行っている人は50%で、行っていない人との比率はちょうど半々だった。

取り組むものとしては、「ウォーキング」「筋力トレーニング」「ストレッチ・体操」が上位3位で、それぞれおよそ3割が取り組んでいるという状況。4位以降は、「ランニング・ジョギング」(19%)、「自転車・サイクリング」(14%)、「球技」(12%)、「ヨガ・ピラティス」(9%)と続いた。日常的に取り組まれているスポーツの種類は多岐に渡っているが、ひとりでも気軽に行えるものが人気のようだ。

一方、日常的にスポーツや運動を行わない人の理由は何なのだろうか。多かった回答から順に「面倒くさい」(37%)、「スポーツ・運動が苦手」(32%)、「家事や育児で忙しい」(27%)、「やっても続かない」(25%)、「仕事や学校が忙しい」(23%)と続き、心理的要因や時間的要因が上位に並んだ。

期待する三大効果は「ストレス発散」「肥満解消」「基礎代謝向上」。主目的は「肥満解消」が最多

スポーツや運動を日常的に行う人が期待する効果をすべて選んでもらったアンケートでは、「ストレス発散」(57%)、「肥満解消」(55%)、「基礎代謝向上」(54%)がほぼ同率の上位3位だった。なお、“1番期待する効果は?”というアンケートでは順位に変動が見られ、「肥満解消」(36%)が1位という結果。このように、「ストレス発散」「肥満解消」「基礎代謝向上」がスポーツや運動に期待されている三大効果で、「肥満解消」効果を主目的とする人が最も多いことがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ