人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.07

気配りできてる?9割の女性が「男性は生理についてもっと知るべき」と回答

女性にとっては死活問題、男にとっては他人事の「生理」。当事者の女性と傍観者の男性の間には当然、大きな認識のズレがあるものと考えられるが、実際、どれくらいの女性が男性の無理解にご立腹なのだろうか?

今回、全国の女性1,114名を対象にした「生理」に関するアンケート調査の結果が届いているので、早速、紹介していきたい。

生理周期の不順は82%が経験。半数以上は生理がこなくても「何も対処しない」と回答

「生理サイクル」について聞いたミュゼマーケティング実施のアンケートによると、81%は順調であると回答。しかし、順調と答えた人でも、過去に不順(不定期)であったことがあるかを尋ねたアンケートでは、82%が不順を経験していることが判明した。

また、現在不定期であると回答した人に最長どのくらい期間が空いたか聞いたアンケートでは、「2か月(62%)」と答えた人が一番多く、「3か月(18%)」「半年以上(13%)」と続いた。

現在、生理周期が不順(不定期)の人のうち64%が「不定期で不安だけど何もしない」と答え、「不安にならない」も19%いた。何も対処をしない人は20代半ばまでの女性に多く見受けられた。しかし、20代後半、30代半ばで「病院に行く」という人は17%で、全体のなかでも高めの結果に。身体の変化を感じる年齢で、生理不順を意識して行動する人が多いようだ。

ナプキンを選ぶポイントは値段と機能性

続いて「生理用品」について質問したアンケートでは、59%がお気に入りのナプキンブランドがあると回答。選ぶポイントは、1位「値段(27%)」 2位「吸水性(25%)」 3位「肌触り(23%)」という結果となり、まずは値段で判断し、あとは機能性重視で選んでいることがわかった。

薬局などのお店で生理用品を購入するときの心理としては、多くが「何とも思わない(46%)」と、抵抗を感じていない一方で、「生理だと思われるのは多少なりとも恥ずかしい」と考える人が24%いることも判明。また、男性店員ではなく、女性店員のレジで購入するようにしている人も30%いた。

生理用品には、ナプキン以外にも布ナプキン、タンポン、月経カップなどがあるが、タンポン以外は、使用したことがない人が大多数を占め、「そもそも存在を知らない」という人もいた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ