人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.07

iPhone指紋認証の設定方法とうまく機能しない時の対処法

iPhone Xはホームボタンがなくなり、顔認証(Face ID)を使用することで話題になった。2018年秋に発表されるiPhoneの新作も、Face IDを採用するのではないかとの憶測も出ている。

iPhone Xを除くiPhone5s以降の機種には、指紋認証センサー(Touch ID)が搭載されていることは、ご存知の方も多いだろう。あらかじめ自身の指紋を登録しておくことで、パスコードを入力することなくiPhoneのロックを解除することができる。また、App Store・iTunes Storeでコンテンツを購入・ダウンロードする際にも、指紋認証を行うことでパスワードの入力が不要になる。

指紋認証はiPhoneの便利な機能ではあるが、「うまく指紋認証ができない」ということがあるのも事実だ。そこで本記事では指紋認証の仕組みや設定方法、指紋認証ができない時の対処法について紹介する。

iPhoneの指紋認証の仕組みと設定方法

指紋認証の仕組み

iPhoneの指紋認証センサーは、「静電容量方式」という技術を採用している。ホームボタンの裏側に複数の電極が埋め込まれており、触れると指紋の凸部に電荷が集まる。指紋の特徴がデータ化され、それにより指紋の識別を行う。

指紋センサーで読み取った指紋が、登録されているデータと違えばロックは解除されない。つまり指紋認証を設定すれば、自分以外の人はiPhoneのロックを解除できないようになる。

Touch ID設定方法

指紋認証を使用するためには、あらかじめiPhoneに自身の指紋を登録しておくことが必要だ。以下の手順で、設定しておこう。

【指紋認証Touch IDの設定方法】
1.設定>Touch IDとパスコード
2.(すでにパスコードをオンにしている場合には、パスコードを入力)
3.「パスコードをオンにする」をタップし、パスコードを設定する
4.パスコードの設定が済んだら、「指紋の追加」から指紋の登録を行う
5.画面の指示に従い、何度かホーム画面に指紋を当てる
6.「iPhoneのロックを解除」「iTunes & App Store」にチェックを入れる

iPhoneにパスコードが設定されていない場合には、はじめにパスコードの設定が必要になる。指紋認証を設定しても、認証が正しく行われない場合にはパスコードの入力が必要となるため、必ず設定したパスコードを忘れないようにしよう。

指紋は最大で5つ登録することが可能。iPhoneのロック解除でよく使う指を左右で登録しておくと便利だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ