人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.04

ソニーが従来より約2倍の処理能力を持つ次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の4Kブラビア発表

ソニーは次世代の高画質プロセッサー「X1  Ultimate」を搭載した4Kブラビアを発表。10月13日から発売する。今回、発表したのは4K有機ELテレビ ブラビアの『A9Fシリーズ』と4K液晶テレビ ブラビア『Z9Fシリーズ』の2シリーズ4機種。

両シリーズは、MASTER Series(マスターシリーズ)として位置づけるブラビアのフラッグシップモデルでMASTER Seriesの称号はソニーが独自に設定した厳しい内部基準をクリアした最高峰モデルにのみ付与。さらなる高コントラストな映像表現や、忠実な色再現性を実現している。テレビ本体内蔵マイクによる、ハンズフリーでの音声操作・検索にも対応し、より快適な視聴環境を実現した。

『A9Fシリーズ』と『Z9Fシリーズ』には、次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載。従来の高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」に対し、約2倍のリアルタイム処理能力を持ち、有機ELと液晶それぞれのディスプレイパネルの特長を存分に引き出し、現実世界に近い、よりリアリティのある高画質を実現する。

『A9Fシリーズ』は、深い黒から高輝度映像までも忠実に再現するソニー独自のパネル制御技術「Pixel Contrast Booster(ピクセル コントラスト ブースター)」を新たに搭載。『A1シリーズ』(2017年6月発売)/『A8Fシリーズ』 (2018年6月発売)で搭載したソニー独自の画面そのものから音が出る高音質技術「Acoustic Surface(アコースティック サーフェス)」を進化させた「Acoustic Surface Audio+(アコースティック サーフェス オーディオプラス)」を搭載し、3.2ch/実用最大出力(JEITA)98Wの臨場感あふれる高音質サラウンドを実現した。

さらに、新機能のセンタースピーカーモードにより、シアターシステムと組み合わせて、映像と音が一体となる映画館のような臨場感を体感できる。

『Z9Fシリーズ』は、動きの速い映像で明るさを保ったまま残像感を低減できる独自技術「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」と、さらなる広視野角を可能にするソニー独自の新技術「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」を採用し、大画面液晶テレビで迫力ある高画質映像を楽しむことができる。

両シリーズともにテレビ本体にマイクが内蔵されており、ブラビアに話しかけるだけで、テレビの電源のオン/オフやチャンネルの切り替え、テレビ番組やインターネット動画を検索できるなど、ハンズフリーによる音声操作・検索が可能だ。

さらに、従来モデルと比較し、Netflixアプリは最大約1/4、YouTubeアプリは最大約1/2の起動時間を実現するなどインターネット動画をより快適に視聴することができる。

また、Google アシスタントに対応したソニーの機器や他社の対応機器をGoogle Home アプリで連携させると、対応機器の音声操作が可能。Amazon Alexaにも対応し、Amazon EchoなどのAmazon Alexa搭載デバイスに話しかけることで、ブラビアのボリュームコントロールや電源のオン/オフなどの操作だできる。

両シリーズともに映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかな色を再現するHDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応(ドルビーラボラトリーズ社のHDR技術「Dolby Vision」にも対応)。

画質設定機能も大きく進化し、階調やコントラストなどをこれまで以上に詳細な設定が可能。今回は、Netflixと共同開発した、クリエイターの制作意図を忠実に再現する「Netflix 画質モード」を搭載している。

また、プロの制作現場で必要とされるホワイトバランスや色を補正するキャリブレーション用PC専用アプリ「CalMAN for ブラビア」にも対応し、短時間で正確な補正作業が可能だ。

関連情報:https://www.sony.jp/bravia/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ