人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.05

安定性抜群のインフラ企業をあの外資系企業が上回る!情報・通信業界の働きやすい企業ランキング

私たちの生活に不可欠なサービス・電話とインターネット。なくては困るインフラであるため、当然、それを取り扱う企業は安定性抜群だ。では、その中でも特に働きやすい企業というと、いったい、どこになるのだろうか?

今回、そんな情報・通信業界における「働きやすい企業ランキングTOP10」を紹介する。なお本ランキングは、年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」ユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」という、6項目における評価の平均点(総合評価)が高い情報・通信業界に属する企業をまとめたものだ。

情報・通信業界の働きやすい企業ランキング

現代人にとってもはやなくてはならない「Google」が貫録の1位に輝いた。それでは早速、9位から順番に社員の声を見ていこう。

9位:NEC(日本電気)

社員の声
「残業はそのときのプロジェクトによりますが、おおむね20~30時間/月です。50時間/月を超えると直属の上司が注意を受けますので、それが連続することは基本的にありません。また、休日に作業する必要があるとき以外に休日出勤することはありませんので、年間で1、2日あるかないかです。プロジェクトの進捗が悪いために、休日出勤して挽回するといったことはありません」
(システムエンジニア 30代前半 男性 年収650万円)

9位:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ

社員の声
「残業代はすべて支給され、サービス残業はあまり聞いたことがないです。もちろん、案件や部署によって量はバラツキがありますが、自分の場合は平均して月に30時間~50時間くらいです。休日出勤はよほど案件が立てこまない限り、めったにありません。また、最近は(※)廃休ではなく、代休とされることがほとんどです」
(経営企画 30代後半 男性 年収800万円)
※2015年度に関する投稿

8位:NTT西日本(西日本電信電話)

社員の声
「残業は基本的に月20時間程度。有休消化率はほぼ100%に近いです。有休のほかにも、8月にしか使えない特別有給休暇があり、それを使ってお盆付近に休み(土日を含めると9連休)を取ります。休日数や残業を考えると、とてもワークライフバランスが整っている企業だと断言できます」
(研究開発 20代前半 男性 年収400万円)

7位:ヤフー

社員の声
「全社的に残業が少ないほど褒められます。私の場合、ここ3年ほど残業は月10時間程度です。開発系や財務系の部署は比較的残業が多いようですが、企画系の部署では炎上プロジェクトでも抱えない限り早く帰ります。スポーツや趣味、友人や家族と過ごす時間が持て、プライベートを充実させることができます」
(マーケティング 40代後半 男性 年収950万円)

6位:NTT東日本(東日本電信電話)

社員の声
「福利厚生はしっかりしている。福利厚生のポイントを利用して人間ドックを受けられたり、ネット上のカタログからさまざまなものを購入したりできる。スポーツジムの割引券やアミューズメントパークの割引券などを購入することも可能である。1年間で5万円程度のポイントがもらえる」
(システムコンサルタント 30代前半 男性 年収400万円)

5位:Apple Japan ~世界中で高いブランド力を誇る~

故スティーブ・ジョブズらが設立し、Mac、iPhoneシリーズなどを展開する米国Apple社の日本法人。福利厚生として、自社製品の社員割引やフィットネスクラブ補助金支給といった健康管理プログラムなどを充実させていることで知られている。カスタマーケアを担う「在宅勤務アドバイザー」など完全在宅勤務の職種もあり、リモートワークでもスムーズに働ける環境を整備している。

社員の声
「在宅勤務かつカスタマーサポートとしては、かなり恵まれた年収だと感じています。ステップアップすればそれに応じて増給してくれます。また、ジムや健康関連の補助金も手厚いですし、残業が発生した場合はきちんとつけてくれます。ちなみに、残業は繁忙期以外はそう頻繁に発生しません」
(カスタマーサポート 40代前半 女性 年収500万円)

「フィットネス補助、英語レッスンの受講、カフェテリアプランによる予防歯科検診、眼鏡/コンタクト購入補助、人間ドックの補助、自社製品購入時の割引等、会社加入の保険による入院、手術の補助等、結講充実しており、一部は家族にも適用されるので、一緒に同居している家族が多い方はかなり使い勝手が良いと思う」
(その他職種 40代後半 女性 年収712万円)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ