人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.04

日本でも導入されるかも!?経験者に聞く、サマータイムの実態

2019年からの導入が検討されている「サマータイム」。夏に時計の針を1~2時間ほど進めることで、「遅い時間まで明るい」という体感を生じさせ、照明の節約や経済の活性化、交通事故・犯罪発生の減少などが期待される制度だ。海外では、アメリカやヨーロッパなどで導入されている実績ある制度ではあるが、実際のところ、日本ではどれくらい認知されているのだろうか?

9割以上の人がサマータイムの導入を知っている

「日本でもサマータイム制度の導入が検討されていることを知っているか」を聞いたアンケートでは、9割以上の人が「はい(93.1%)」と回答。「サマータイム」に対する関心の高さが伺える。

旅行先でサマータイムを経験した人は約6割

「旅行先でサマータイムを体験したことがあるか」を聞いたアンケートでは、過半数の人が「はい(63.3%)」と回答。多くの人が「サマータイム」を体験したことがあることが分かった。

サマータイム、アメリカで経験した人が最多

サマータイムを体験したことがあると答えた人に、「どの国で経験したか」を聞いたアンケートでは「アメリカ(56.8%)」と回答した人が最多に。

2位以降には、「フランス(31.1%)」、「イギリス(28.2%)」とヨーロッパの国々が上位に選ばれた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ