人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.05

重さたったの585g!話題のニコン初フルサイズミラーレスカメラ「Z7」でパシャッと試写してみた

 9月1日、2日に開催されたニコンファンミーティング2018に行ってまいりました。

 いま話題沸騰中のニコン初フルサイズミラーレス『Z7』に触ってきたので、早速その感想を語りたいところですが、「興味はあるけど、フランジバックとか像面位相差AFがどうとか言われても、何がスゴいのかいまいちよくわからん」という方もいらっしゃることでしょう。

 というわけで、細かいスペックの部分ではなく、僕らのようなライトユーザーにとっても嬉しいポイントに的を絞ってお話をしていきます。

コンパクトながらガッチリ握れる

 一眼レフと比較してミラーレスの優位な点は、なんといっても軽量コンパクトに仕上げられるという点です。約585g(本体のみ)の『Z7』に対し、近い性能の一眼レフである『D850』は約915g。350ml缶ビールを1本余計に持つのに近い差がありますから、結構な違いです。

 ただ、コンパクトだと今度は持ちづらくなるという可能性が浮上してくるのですが、その点『Z7』は問題ありません。

 全体としてはコンパクトながらグリップの部分は深く、ガシッと握れる。実際に持ってみたところ、その持ちやすさゆえに、より軽量な他社ミラーレスよりも軽く感じるほどでした。手で持ったときの扱いやすさはスペックには表れない部分ですが、とても重要なポイントです。よりハイスペックなカメラを使えばより良い写真が撮れるというものではないですが、より扱いやすいカメラであれば、より良い写真が撮れる確率は上がるでしょう。

マウントアダプターFTZが超優秀

 僕のようなニコン一眼レフユーザーにとっては、最もうれしいポイントと言っても過言ではありません。『Z7』はZマウントという新たな形状が採用されたため、同じニコンでも既存のFマウントレンズは、そのままでは使えません。Fマウントレンズを装着したい場合は、マウントアダプターをかませる必要があります。他のカメラにも、様々な規格のマウントアダプターがあるのですが、AF(オートフォーカス)が極めて遅くなる、あるいはAFは使えずMF(マニュアルフォーカス)だけなど、機能が制限されるケースが少なくありません。

 そんな問題の多いマウントアダプターですが、このFTZはかなり優秀なようです。あくまで光量が十分な状況で静物を撮影した感想になりますが、AFはキビキビと動作していました。一般的な撮影内容であれば、おそらく問題なく使用できるものと思います。

 また、ニコンの一眼レフユーザーではなくとも、FTZは非常に役立ってくれるでしょう。これからフルサイズミラーレスの世界に飛び込もうと思い『Z7』、あるいは少し待って『Z6』が視野に入ったとして、レンズの選択肢が現在のZマウントレンズだけでは厳しいものがあります。いずれのレンズも写りは素晴らしいのですが、発表から間もないこともあり、ざっくり10万円前後となかなかのお値段で、種類も多くはありません。レンズの出来栄えを考えればコストパフォーマンスは決して悪くないかも知れませんが、これからフルサイズに挑もうというライトユーザーにとっては、気軽に入手できる価格ではないでしょう。

 でも、大丈夫です。FTZがあれば、豊富なラインナップを誇るFマウントレンズが使用できるのです。探せば素晴らしい写りながらも、お求めやすい価格のレンズがきっと見つかります。新時代の幕開けとまでいわれるZマウントレンズですから1本は手に入れておきたいところですが、2本目、3本目とバリエーションが必要になった際、しばらくの間はFマウントレンズでも良いのではないでしょうか。おそらく様々な画角や描写のレンズがたくさん欲しくなるでしょうから…。

 ちなみに、Fマウントでもレンズによっては一部の機能が制限される、あるいは使用自体ができないタイプもあるので、実際に購入する際は事前に使用可能かどうか調べておきましょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ