人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

進化したSペンと4000mAhのバッテリーで最強スマホの呼び声も高い「Galaxy Note9」を一足お先に徹底検証!

2018.09.04

暗所でもキレイに撮れるカメラ、AIを使った補正も優秀

 カメラには、Galaxy S9、S9+と同じ機械式の絞り変更機能「デュアルアパチャー」が搭載されている。オートモードで撮影した場合、暗い場所ではF値1.5、明るい場所ではF値2.4が自動で選択され、最適な明るさで写真を撮れる。プロモードを選択すると、F値を手動で選択することも可能だ。

デュアルカメラを搭載。メインカメラは、F値の切り替えに対応する

 試しに同じ場所で昼と夜、両方の写真を撮ってみたが、確かにF値が変わっている。暗い場所で撮ってもノイズが少なく、夜景もクッキリと写っている。F値1.5の効果を確かめるため、プロモードで絞りを手動で切り替えてみたが、確かにF1.5にするとディテールの破たんが少なくなり、建物の“塗り絵感”がなくなっている。

昼間の風景はF2.4、夜景はF1.5で撮影された

同じ夜景をF1.5(上)とF2.4(下)で撮り比べてみたが、ディテールはF1.5の方が鮮明

 カメラのハードウェア的な特徴はデュアルカメラのGalaxy S9+とほぼ同じだが、ソフトウェアには違いもある。代表的な機能が、シーンの自動判別。さまざまなメーカーが同様の機能を採用しているため、もはやおなじみの機能になりつつあるが、写っている被写体を端末側で判別し、それぞれに合った最適な処理を施すというものだ。シーンの判別は速く、たとえば食事を撮ったときは、やや温かみのある色合いになる。

シーンが判別されると、画面上にアイコンが表示される

 AIは、失敗した写真の判定もしてくれる。手ブレなどが起こった際に、カメラのUIの右下にある撮影済み写真のサムネールに吹き出しが表示され、「写真が不鮮明になっている」といった文言が表示される。撮ったあと、わざわざ写真を開いて、失敗していないかどうかを確認する手間が省けるというわけだ。ただし、この表示が出るのはまれ。軽い手ブレ程度では、警告が現れない。利用価値の高い機能なだけに、精度はもう少し上げてほしいと感じた。

 セルフィー用のカメラもまずまずのクオリティで、ユーザーの写真を元にスタンプを作り出す「AR絵文字」にも対応している。SペンでAR絵文字に文字や絵を描き加えて、友だちなどに送ることができるのは、Galaxy Note9ならではだ。AR絵文字は人によって似たり似なかったりと、少々クセがある印象だが、使っていて楽しい機能が充実している点は評価できる。

自らの顔写真を元にスタンプを作成する「AR絵文字」に対応

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。