人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.12

『グランドハイアット東京』で開催セレブが集うゴージャスディスコイベントに行ってきた!

「ウルトラゴージャスアダルトディスコイベントがあるけど取材しない?」

 そんな話をDIMEから頂いたが、ちょっと待ってよ。カタカナ多すぎだよ! カタカナ21文字連続じゃない。それってオレの物書き人生37年でも新記録だよ! ってことで分解してもう一度書く。“ウルトラ”に“ゴージャス”で“アダルト”な“ディスコ”の“イベント”ってことだ!

 で、場所はドコ? って聞いたら六本木ヒルズの『グランドハイアット東京』のボールルームだっつうじゃない! さっきのカタカナ21文字連続に、今度は“セレブリティー”加わっちゃったよ、これで!

 まぁオレも、こう見えても昔はずいぶん踊りではブイブイいわせた方よ、悪いけど!! ここまでなんかすごそうなイベントなれば行くしかねェだろと、行ってきました8月24日、イベント名は、『DISCO FEVER presents Summer 80’s LIVE & DISCO』!

『LIVE & DISCO』ってあるように、DJが曲回すだけのディスコイベントじゃなくて、ライブがあるんすが、その登場アーチストがシェリル・リンにマイケル・フォーチュナティ! 

 シェリル・リンといえは有名なディスコナンバー『Got To Be Real』(78年)の御方。そしてマイケル・フォーチュナティといえば、一番わかりやすく説明すると、87年に女性ダンスデュオ『ベイブ』がカバーして大ヒットした『ギブミーアップ』のオリジナルを作り歌ったユーロビートの帝王でバブル時代のディスコミュージックを象徴するような大物!!

 説明は以上でさっそく会場に入ると、いきなりキティちゃんがDJやってた!!

 そして予想をはるかに超える盛り上がりだった!! 実はオレね、そんなに盛り上がってないんじゃないか? って到着する前は思ってたの。なにしろチケットは1万8000円ですから! まぁよ〜く考えてみれば、大物アーチストが二人も出るライブがあるし、フリードリンク&フリーフードという往年のディスコを思わせるサービス体制なんで決して高いワケじゃないんだけど、客層がアダルトすぎるんじゃないか? となると、やっばりノリ悪いんじゃないか? って勝手に想像するじゃない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ