人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.04

苗字に羽がついたSNS映えする印鑑「天使の羽」が発売

印鑑を押す作業に、特別な意識を向けたことはあるでしょうか。ポンと押して自分の名が朱色に浮かび上がる。少し煩わしいのは朱肉が印鑑の溝に入り込んでしまう事くらいでしょうか。

何の変哲もないその作業が、ちょっと楽しくなる「SNS映えする印鑑」が93日に発売されたのを、ご存知ですか?

バエを狙った「天使の羽」印鑑

株式会社 城山博文堂は、世界的に有名な翼のウォールアートからインスピレーションを受け、個人名と羽を融合させた「SNS映えする印鑑・天使の羽」を発売しました。

羽のデザイン数は9種類。うち8種類は翼の大きさを選べるようになっており、名前の書体や材質とのバランスを考えながら作られます。

誰とも被らない、捺印する度にワクワクするような一本。銀行印としても役目を果たすようで。これを正式な書類に押すのは中々の度胸が必要。

というのも筆者、下の名前の印鑑を常用しておりまして。毎度、相手がたじろぐ姿を目撃しているわけであります。もちろん、ちゃんとした印鑑なのですが、常識から外れた物事には順応するのに一瞬の時間を必要とするという事ですね。

さて、羽の生えたコチラの印鑑。相手の「んっ?!」という顔を見れること間違いなし!筆者も自分の「羽つき・松永」印鑑、ちょっと欲しい。

立派な印鑑なので、遊び心を大事にする紳士淑女の皆様も一本手元に置いてみては?

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)

・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)

・印鑑登録(実印)の可否については、登録自治体によって可否が変わります

(「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、基本的には登録は難しいものと思われます)

■商品概要

○価格

1,950円~(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9.5ミリ丸~

3,060円~(印鑑タイプ) 本柘製など・12ミリ丸~(共に、デザイン料・消費税込み)

納期

ご注文から、約10日~3週間

販売方法

webサイト「おもしろMY印鑑」天使の羽ページ https://www.inkan.name/tenshi/ にてネット通販のみの受付

構成/松永舞香

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ