人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.04

LINEが「LINEポイント」に交換できる汎用コイン「LINK Point」って何?

LINEが「LINE Token Economy」構想を発表。独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)とした「LINKエコシステム」を公開した。また、「LINKエコシステム」内で利用できる汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」も公開した。

「LINE Token Economy」構想は、LINEが独自に開発したブロックチェーン技術を活用することで、サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、ともに成長していくことができる共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想。独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)にし、そこに分散型アプリケーション「dApp」サービスが参加することで、汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」を利用することができる「LINKエコシステム」を公開した。

ユーザーは、「LINKエコシステム」に参加する「dApp」サービスや、今後参加を計画している既存のLINEサービスに登録・利用すると、そこでのアクション内容やサービスへの貢献レベルに応じてインセンティブとして「LINK Point(日本向け)」や「LINK(海外向け)」を獲得することができきるようになる。

独自のブロックチェーン技術を用いた「LINK Chain」により、評価の信頼性・透明性を担保できるようになり、ユーザーの貢献に対して適切な還元を行うことが可能になることで、ユーザーの活動は活性化し、サービスがさらに成長していく好循環が生まれる。

これにより、ユーザーとサービスにおいて、新しい共創関係(Co-Creation)が構築され、今まで以上に質の高いサービスの提供が可能となる。

さらに、「LINKエコシステム」は、他社のサービスも参加できるようになる予定。サービス提供者は、多くの時間とコストをかけて独自でブロックチェーンネットワークやトークンエコノミーを開発・構築する手間をかけることなく、トークンエコノミーを導入することが可能となる。

なお、「LINK Point」は日本でのみ利用可能なコインであり、日本以外においては、「LINK」が利用できる。

ブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」について

「LINK Chain」は、LINEの独自のブロックチェーンネットワークの基盤(メインネット)。単一スレッド上で1秒当たり1,000以上のトランザクションを処理できる高性能ブロックチェーン・コアネットワークと、LINEが培ってきたプラットフォーム構築における技術を融合させ、開発している。

「LINK Point(日本向け)」は「dApp」サービス利用を通じてインセンティブとして付与、「LINEポイント」に交換して利用可能

日本国内の居住者であるユーザーは、「LINKエコシステム」に参加する「dApp」サービスや今後参加を計画している既存のLINEサービスを利用すると、そこでのアクション内容やサービスへの貢献レベルに応じてインセンティブとして「LINK Point(日本向け)」を獲得することができる。獲得した「LINK Point(日本向け)」は、ほかの「dApp」サービスで使用できるほか、「LINEポイント」に交換して利用することが可能。「LINEポイント」は、1ポイント=1円として、LINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済時に利用できる。なお、日本居住者であるユーザーは、日本での規制上、グローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」にて、「LINK(海外向け)」の売買・交換等を行うことはできない。

「LINK(海外向け)」はグローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」にて取扱予定(2018年9月〜)

「LINK(海外向け)」は、日米を除くユーザーに配布され、グローバルにて利用可能な仮想通貨交換所「BITBOX」にて取扱を予定。今後、ユーザーがLINEよりリリース予定の「dApp」サービス上でインセンティブとして獲得した「LINK(海外向け)」は、仮想通貨交換所「BITBOX」上にて、
他の仮想通貨との交換、取引が可能となる。

※:9月4日より、「BITBOX」上での取引に応じて「LINK(海外向け)」を無償配布。

汎用コイン「LINK Point(日本向け)」、「LINK(海外向け)」について

・概要:「LINE Token Economy」において利用可能な汎用コイン
・URL:link.network
・発行方式:LINEが提供する各dAppサービスのユーザーへのインセンティブとして付与
・発行元:LINE Tech Plus株式会社
・単位:基本単位はLINK(1 LINK=1,000,000 cony)、LINK point

「LINK Point」、「LINK」は、合わせて総数10億個が発行され、このうち8億個は「LINK エコシステム」に参加するサービス毎に設けられた報酬ポリシーに従って分配する予定。残りの2億個は予備として発行元(LINE Tech Plus株式会社)にて管理。

関連情報:https://link.network/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ