人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.01

オーディオブックは新時代の文学となるか?Audibleが会員でなくても単品購入可能なサービスを開始

本を音声化したものや音楽以外の音声コンテンツをアプリや PC サイトから聴くことができるサービス『Audible』。Amazonの関連会社である Audible社が提供しており、海外では広く一般的なコンテンツの楽しみ方として広まっている。

Audibleがダウンロード販売モデルへと移行

これまでは会員限定の定額制「聴き放題」サービスを展開していたが、8月28日より会員プランは「コイン制」へと移行し、会員以外でもタイトルの単品購入が可能になった。

モデル変更に伴い、コンテンツはさらに充実。朴璐美が朗読する「小説 君の名は。」(新海誠)や田中麗奈と中村蒼の朗読による「悪人」(吉田修一)、「菊次郎とさき」(ビートたけし)、「イニシエーション・ラブ」(乾くるみ)など、映画でも大ヒットを記録した作品や、「下町ロケット」(池井戸潤)などの人気小説を含め 400以上のタイトルを一斉に追加される。

ジャンル、カテゴリー共に日本最大級のサービスとなり、これまでの KADOKAWA、文藝春秋、講談社といった出版社に加え、移行後は新しく小学館、早川書房、幻冬舎を加えた出版社の作品も楽しめるようになる。

作家の伊集院静はAudibleについて下記のようにコメント。

「長い間、疑問に思っていたことが解けた。小説を読むということは、目が単純に文章を読み、脳に伝え、そこからそれぞれの人がこころを動かされたり、勇気を与えられているのではなく、実は百人の読者が、その人たちの百の声で、言葉を口にこそしなくとも、脳に聞かしているということだ。それをAudible の文学を体験して、納得した。もしその小説をさらに適切な人の声で聞くことができたら、小説は今よりさらに大きな可能性を見いだせるであろう。オーディブル文学は新時代の文学だ」

関連情報:https://www.audible.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ