人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.30

音楽、動画などサービスが拡大する「サブスクリプション」、実は認知率はたった1割

突然だが、「サブスクリプション」とは何かご存じだろうか?答えは、商品・サービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式のこと。

音楽・動画配信サービスなどがこれに相当する。わからなかったという人も多いことだろう。では実際のところ、「サブスクリプション」と言われてピンとくる人はどれくらい存在するのだろうか?

「サブスクリプション」の認知度は約1割、サービス利用者は約2割と判明

「サブスクリプション」という言葉の認知度を調査したアンケートにおいて、「(サブスクリプションという言葉を)知っている」と回答した人は、20代男性で9.3%、20代女性で5.5%となった。

さらに、サブスクリプションサービスに関して説明を行い、改めてサブスクリプションサービスの利用有無を尋ねたアンケートでは、20代男性で20.0%、20代女性で18.8%が利用していると回答。認知度は1割以下であったものの、サービス自体を利用している人は約2割いることが判明した。サブスクリプションという言葉が利用者間にもまだ広まっていない様子が伺える。

サブスクリプションサービスの利用ジャンル第1位は男女ともに「動画・映像配信」

利用しているサブスクリプションサービスの種類を尋ねたアンケートでは、男女ともに第1位が「動画・映像配信」、第2位が「音楽配信」、第3位が「電子書籍」となった(「その他」を除く)。
さらに、利用している「音楽」「動画・映像」のサブスクリプションサービスを調査したアンケートでは、音楽サービスの第1位が「Spotify」、動画・映像サービスの第1位が「Amazon Prime」という結果に。

オフラインでのサブスクリプションサービス、20代男性は「フード系」、20代女性は「美容・コスメ」に注目

サブスクリプションサービスは、スマートフォンでのコンテンツ利用を中心に広がりを見せているが、飲食店の定額制利用や服飾品の定額宅配サービス、月額制で物品をレンタルできるサービスなど、ネット上のみならずオフラインでのサブスクリプションサービスも登場している。

そこで、20代男女全員を対象に利用してみたいサービスのジャンルを尋ねたアンケートでは、20代男性の第1位が「フード系」、20代女性の第1位が「美容・コスメ」となった。他にも、

・趣味友達を作るコミュニティ(22歳女性)
・家に腕利きのシェフに来てもらって料理を教えてくれるサービス(28歳女性)
・さまざまな電子機器のお試しあるいはシェアリングサービス(28歳男性)
・旅行(28歳男性)

など、オフラインにおいてもサブスクリプションサービスの展開を期待する声が挙がった。

名称としては認知されていたかったサブスクリプションサービス。しかし、既に私たちの生活に深く入り込みつつあることを鑑みると、これから数年で一般的な言葉になるに違いない。

※アプリリサーチのTesTee(テスティー)調べ
https://www.testee.co/

<調査概要>
調査期間:2018年8月13日
調査対象:10代、20代 / 男女 / 自社モニター会員 / Android、iPhone
サンプル数:1,217サンプル(男性600サンプル、女性617サンプル)

出典元:株式会社テスティー

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ