人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.04

職場に必ず一人はいる、どうしても苦手な上司・部下とうまくやる方法

「苦手だな」と感じる人ならいつでも出くわす。しかし職場で毎日顔を付き合わせる相手であれば話は別だ。なんとかうまくやる方法はないものか。そこで職場で苦手と感じる人への対処法を識者に聞いた。

職場に苦手な人物がいるのは一般的

マイナビ転職が2017年に実施した調査では、働く20~30代の113人のうち、に職場に嫌いな上司がいますか(いましたか)?」の問いには73.5%が「いる」と答えた。

約7割が感じているとあれば、問題は大きい。職場の人間関係解決コーチ 宇野紳一氏は、この嫌いな上司が職場にいる人の多さについて、次のように話す。

「問題は、どのくらい苦手な人がいるのかということだと考えます。例えば20人の部署でそのうち18人は苦手でなく、よい人間関係が築けているのなら、2人苦手な人がいても割合として普通だと思いますし、相性もありますからそれほど気にすることではないと思います。逆に20人中18人の人が苦手となると、これは自分自身に何か問題があると考えたほうがいいでしょう。コミュニケーションや仕事への姿勢を見直す必要があるかもしれません。

苦手な人が直属の上司や部下だと、仕事を円滑に進めていくためにも対応策が必要になりますが、今後のキャリア形成していく上で成長できる貴重な機会と捉え、試行錯誤しながら前向きに取り組むことで社内での評価も上がるのではないでしょうか」

そこで宇野氏に、職場に苦手な上司や部下がいる場合の対処法を伝授してもらった。

職場の苦手な上司に対する対処法

1.共通の話題を見つけ会話量を増やす

「上司が苦手だからといって、無視したり会話を避けたりすると仕事に支障が出て、さらに関係が悪化します。上司が好む話題や共通の趣味などをきっかけに会話量を増やし、仕事の報告や相談入れていくとスムーズにいきます」

2.上司に理想像を求めない

「上司も一人の人間。欠点や不足があることを認めてあげ、寛大な心で受け入れるようにしましょう。まるで駄々っ子を扱う親のように」

3.仕事上の苦手なスキルを教えてあげる

「ITやプレゼン等のスキルを苦手にしている上司であれば、丁寧に教えてあげましょう。関係改善に役立ちます」

4.上司を上手にサポートして早く出世させてあげる

「ここは割り切って、上司が達成したい目標をサポートし、早く出世させてあげましょう。喜ばない上司はいないはずです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ