人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.30

720馬力で最高速340キロ! フェラーリの50代目のオープンモデル「Ferrari 488 Pista Spider」の全貌公開

米国・カリフォルニア州ペブルビ ーチで開催されている世界的に有名なコンクール・ド・エレガンスにてフェラーリの新型スペシャル・シリーズ「Ferrari 488 Pista Spider」が公開された。

この Ferrari 488 Pista Spider は、プランシングホースの50代目となるドロップトップ・モデル。1950年から現在に至るまで、北米には高性能コンバーチブルに特別な見識をもつ人が多いことから、米国でのプレミアとなった。

新型車輌は、パワーウェイトレシオ 1.92kg/cv という前例のない数値を達成し、フェラーリのスパイダーモデルの新たな指標を設定。これに大きく貢献しているのは、フェラーリのV8エンジン史上もっともパワフルなエンジンだ。

このパワーユニットは、2018年に3年連続となるインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得し、世界のベストエンジンに選出されている。出力 720cv を誇る 3,902cc V8ツインターボエンジンは、すべての回転域において溢れるようなパワーとトルクをレブ・リミットまで途切れることなく発生させ、極まるところがない加速をもたらす。また、特徴的なエンジンサウンドは、オープントップ構造によってその魅力を一層際立っている。

Ferrari 488 Pista Spider は、クーペ・バージョンのデザイン定義をごく自然に進化させたフォルムで仕上がっており、フェラーリのデザイナーが目指したのは、エアロダイナミクス効率、完成度の高いフォルム、レーシングスピリットという 3つの要素の完璧な融合を維持させた。

このデザイン・コンセプトは、フロントから後方に向かって広がりながらスポイラー脇のリアホイールアーチ後端まで続く車体中央に施されたカラーリングにも示されている。車体を流れる気流をイメージさせるこのスピード感あるストライプによって、ボディラインの魅力が強調されている。

車輌の特性に合わせて、妥協のない素材を採用したエクスエリア同様、インテリアも軽量素材パーツの導入とコンポーネントのスリム化が積極的に推し進められた。

多岐にわたるカーボンファイバーとアルカンターラの採用に加えて、フロアはカーペットからパターンが刻まれたアルミ製フットプレートに変更。また、ドライバー側のドアハンドルもシンプルなストラップに置き換えられている。

Ferrari 488 Pista Spider には、488 Challenge と 488 GTE による世界的なレース活動をとおして得られたノウハウが注ぎ込まれた 488 Pista の技術がそのまま引き継がれている。その結果、この新型スパイダーはサーキットから得られた最高水準のテクノロジーを存分に堪能できるドロップ・トップ・ロードカーとなった。

このスペシャル・シリーズの 8気筒コンバーチブル・モデルに合わせて磨き上げられた運動性能は、鋭い加速と制動効率、閃光のように素早いギアシフト、正確無比な操作性、グリップ、安定性、優れた操舵性といった数々の特性をシームレスに組み合わせることができる。

これには新ラテラル・ダイナミック・コントロール・システムが貢献しており、フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー(FDE)によって限界域でのドライビングは、より直感的かつコントローラブルに、そして格段に予測しやすくなった。

ダイヤモンド仕上げの20インチ新型合金ホイールもFerrari 488 Pista Spider の特徴のひとつ。フェラーリの伝統的なミドシップ・ベルリネッタ・スタイルリムを進化させた、星型ホイールを想起させる斬新なデザインの10本スポーク・ホイール。また、 標準仕様の鍛造合金製よりも 20% 軽量化したワンピースのカーボンファイバーホイールもオプションで用意している。

関連情報:https://www.ferrari.com/ja-JP

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ