人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.29

ついにQRコード決済に参入したAmazon Payは日本の現金決済主義を変えるか?

大手ネット通販サイトを運営するAmazonが、実店舗でのキャッシュレスサービスを8月29日より提供開始した。AmazonショッピングアプリでQRコードを表示し、店頭にある決済端末で読み取るだけで決済が完了する。請求はAmazonアカウントに登録してあるクレジットカード情報を使って行われる。すでにAmazonショッピングアプリを使っているユーザーであれば、新規アプリのインストール不要で実店舗でのキャッシュレス決済が利用できる。同日時点で利用可能な実店舗は数十店舗程度だという。8月28日にAmazonが実施した記者発表会の情報をもとにサービス概要を紹介しよう。


記者発表会でのAmazonの登壇者/Amazon Pay事業本部 本部長 井野川氏

QRコードを読み取るだけでAmazonアカウントを使った決済ができる

 本キャッシュレス決済サービスはAmazon Payというサービスを介して行われる。Amazon Payとは、Amazon以外のECサイトで、Amazonアカウントを使って買い物ができる決済サービスのこと。決済場所やデバイスの垣根をなくす「コネクテッド・コマース」というAmazonの取り組みの一つである。数千社を超えるECサイト企業で導入されており、利用するECサイトにクレジットカード情報などを渡す必要がなく、利便性とセキュリティ性能を兼ね備えたサービスである。そのAmazon Payが今回、実店舗で利用できるようになった。実店舗では、決済端末にAmazonアカウントでログインする代わりに、自分のスマートフォンのAmazonショッピングアプリでQRコードを表示して読み取ることで、利便性とセキュリティ性能を確保している。

Amazon Payとは(記者発表会スライドより)

 

■ショッピングアプリでのQRコードの表示


Amazon ショッピングアプリで、メニューボタン→「すべてを見る」→「Amazon Pay」の順にタッチするとQRコードが表示できる。このQRコードを店頭の決済端末で読み取って決済する。尚、バーコードが同時に表示されているが、POSレジ端末がAmazon Payに対応する場合、QRコードではなくバーコードを読み取って利用する際に使用する。


■店舗の決済端末と決済シーン


決済はタブレット端末にて行う。金額を入力するとカメラが起動するので、スマホに表示されたQRコードを読み取る。読み取るだけで決済が完了する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ