人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.02

1人暮らしの必殺技!米1合と100均缶詰で作る絶品炊き込みご飯

100均缶詰の炊き込みご飯レシピ集が話題に

 残業続きで、晩ご飯づくりが面倒になった(けれど外食する気力もない)、一人暮らしのみなさん。スナック類で適当に間に合わせるのではなく、ちゃんと温かいご飯で、疲れた1日を締めくくる方法がある。それが、米1合と100均で買った缶詰1個で作る炊き込みご飯だ。

 こんなお手軽な炊き込みご飯の伝道師は、東京都在住の平田真紀さん。100均で販売されている、主に肉・魚の缶詰30種あまりを使った、シンプルな炊き込みご飯33種のレシピ集『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』(自費出版)の著者である。

『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』

 2018年4月に横浜産貿ホールで開催された「グルメコミックコンベンション」で、個人ブースを初出店したところ、持ち込んだ本書が全冊完売。世間を「こんなやり方があったのか!」とうならせ、ひそかに人気上昇中だという。

 この炊き込みご飯のメリットは、極限まで作る手間を省いたところにある。炊飯器に研いだ米と水を入れ、缶詰を開けたら缶汁ごと放り込んでスイッチを押すだけ(レシピによっては最小限の調味料を足す)。

 手間なしご飯には、納豆だけ、生卵だけ、ふりかけだけをかけた、「かけるだけご飯」というライバルがいるが、バリエーションが乏しいのと、ご飯に味が染みこまないせいか、どうしても飽きてくる。しかし、缶詰の炊き込みご飯なら、数十種もの滋味染み入る風味を味わえる。しかも、予想以上に美味。コスパも申し分ないとくれば、缶詰の1ダースぐらいは台所に常備したくなる。

 さて、入門者はさしあたり、どの缶詰からチャレンジしてゆくのが良いのだろうか? 著者の平田さんに「推し」のレシピ4つを教えていただいた。

「やきとり塩味」(+塩・いりごまを少々)

「シンプルで何度作っても食べ飽きない鶏飯です。私が一番リピートしているのはこれです」

「ガパオ チキンバジル」

「プロっぽい味のアジアンピリ辛ご飯です。食べる時に目玉焼きや温玉をのせると、お店っぽい。卵で辛みがマイルドになるし、おすすめ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ