人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.31

VRゲームのようにリアルで楽しい「明晰夢」を見る方法

 体調が良い日もあれば調子の悪いときもある。そして気分が良い日もあれば気分がすぐれない日もあるだろう。最新の研究では、夢の内容もまた当人の生活の満足度を占うものであることが指摘されている。

夢と生活の満足度の関係

 精神分析学の祖、フロイトの時代から夢の内容は当人の状態を示すものであると考えられてきたが、これまではもっぱら精神的な問題を探るための“夢判断”として夢が分析されてきた。ではポジティブでハッピーな夢にはあまり意味はないのだろうか。

 スウェーデン・シェブデ大学とフィンランド・トゥルク大学の合同研究チームが先ごろ、学術ジャーナル「Scientific Reports」で発表した研究では、夢の内容と当人の生活の満足度(well-being)の関係を探っている。

「実際のところ、これは心の平安が夢の内容にどのように関係しているかを検証する最初の研究です」と研究を主導したピッレリーン・シッカ氏は語る。

 研究チームは健康な実験参加者たちに一連のテストを受けてもらい、覚醒時の気分の落ち込み度と生活の満足度を測定した。そしてその後3週間にわたって毎朝、見た夢を記録しその時の気分を採点しておくことを指示した。

Medical Xpress」より

 回収したデータを分析した結果、心の平安の度合いが高いレベルの者ほど、夢の中でポジティブな気分になっていて、一方で不安感のレベルが高い者ほど、夢を見てネガティブな気分になっていることが判明したのだ。

 この結果が意味するのは、もし夢の内容が覚醒時の生活の満足度に関連しているのであれば、精神疾患の症状を測定するだけでは十分ではなく、生活の満足度も計測する必要があるということだ。

 研究チームは、より高いレベルの心の平安を有する個人が、覚醒時だけでなく夢の中でも自分の感情をよりよく制御できていることを示唆している。一方でより高いレベルの不安を有する者にとっては逆のこと、つまり感情の制御に問題がある可能性があるということだ。

 今後の研究では、より良い感情制御と自己制御が、より高いレベルの心の平安を持つ人々を特徴づけるものであるかどうか、そしてそのような感情制御スキルの向上が心の平安に繋がるのかどうかを探る必要があると研究チームは言及する。

 夢の内容がその日の気分を左右するとすれば、夢はこれまで考えられてきたよりもはるかに重要な役割を持っていることになる。願わくば毎夜“いい夢”を見たいものである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ