人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.28

パナソニックの酒用の卓上クーラー「Sake Cooler」が飲食店・ホテルで導入実験をスタート

店や家で酒を楽しむ際、「この酒にもっとも合う肴はどんなものだろう」「この酒と共に料理を味わうなら?」と考えたことはないだろうか。「酒」と一概に言っても、当然ながら風味は銘柄・種類により大きく異なる。酒と共に料理を味わうなら、互いの旨味を増幅させるような相性のいいひと皿を選びたいものだ。

お酒にまつわる最新情報を表示する『Sake Cooler』

実は今、パナソニックがそんな要望に応える商品を製品化するべく、試作を続けている。その名も『Sake Cooler』。本商品は、搭載した内部カメラでボトルのラベルを認識。特定した銘柄に応じて、酒蔵のストーリーやお酒にマッチする料理などの情報をフロントパネルに表示する、酒用の卓上クーラーだ。

実は本商品は昨年、アメリカで開催された「サウス・バイ・サウスウエスト2017」にも参考出店しているのだが、今ではさらに改良が進み、IoTクラウドサーバ接続機能なども備えるようになった。つまり、新しい銘柄が登場するたび、常に最新の情報がアップデートされるというわけだ。またこの他、タッチパネルの対応や保冷性能の向上、表示画面の可視性の向上、小型化など、ユーザー評価の声を反映しさまざまな改良を進めている。

また本体外装は、同社が福島県と研究開発を重ねてきた「福島県固有の含漆UV塗料(紫外線硬化型含漆塗料」を採用。漆を用いて、日本の伝統工芸産業の発展にも寄与する狙いだ。

2018年8月、国内店舗で導入実験スタート

そんな同商品が、この夏、日本の飲食店・ホテルで導入実験をスタートする。

実験店舗は港区赤坂にあるeditor's fav 『るるぶキッチン AKASAKA』。同店は「るるぶ」編集者が全国各地を旅して見つけた、とっておきの食材や料理を提供するご当地連動型バルだ。実験は同年9月までを予定している。

酒と料理をより一層楽しませ、食を豊かにしてくれる本商品。製品化し、市場に出回る日もそう遠くはないかもしれない。

関連情報
https://news.panasonic.com/jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ