人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.29

2か月で売り上げ12万円!メルカリで高く売るため必要なのはテクニックと誠意

【2か月で売り上げ12万円!メルカリで高く売るため必要なのはテクニックと誠意】

DIME10月号は、メルカリでガッツリ稼ぐ裏ワザを大特集中。さらに人気アニメ「シンカリオン」と「エヴァンゲリオン」という2大アニメのコラボを記念し、『シンカリオン 500 TYPE EVA』DIMEオリジナル激レアクリアファイルを制作! 今回はメルカリ特集を先行して一部公開します。

<ご購入はお近くの書店、もしくはコチラから>
Amazon http://amzn.asia/cN8o4OA
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15579284/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1209009612

緻密なテクニックと誠意で出品という心理戦を制す!

 衝動買いが多い僕が出品者デビューを果たしたのは2か月前のことである。きっかけは、新しいゴルフ用の腕時計を購入したこと。古い腕時計をゴミ箱に捨てるのはもったいない……。そこで初出品を決意。まずメルカリで全く同じ商品の相場をチェックしたうえで、早く売るために様々な工夫を試みることにした。

 まず、いかに安くしたかを知ってもらうべく定価とのギャップを明記。また、正規に購入した商品であることを証明するために、ECサイトでの購入履歴の画像を添付した。すると、商品は10分もたたないうちに購入された。いとも簡単に訪れた成功体験。そして、僕の出品ラッシュが始まったーー。

 2つ目の出品アイテムはゴルフウエア。今度はいかに付加価値を提示できるかを考えた。ウエアの購入先はECサイトやアウトレットではなく、丸の内の直営ブランド店で購入した旨を説明文に書き加えた。これが奏功したのかはわからないが、出品から数分で値引き交渉のコメントが来た。ところが、そのコメントのやりとりの最中に別のユーザーが購入を決定してくれた。新着アイテムには購入を急ぐユーザーが多いのだ。

 出品の成功が続いたことで「もっと高く、早く、梱包・配送も簡単にできる」ように準備を整えていく。商品が引き立つように撮影時に下に敷く布、大小の段ボールや封筒はもちろん、梱包時に見た目がキレイになるよう透明のガムテープを購入。これは、購入者に商品が届いた際に少しでも良い気持ちになってほしかったからだ。

 と、ここまでは成功談だが、なかなか売れなかった商品ももちろんある。そんな時には出品を取りやめ、「新着」として表示されるよう再出品。だが、僕の場合、この方法で購入が決まった商品は少なく、残念ながら大幅に値下げして売った商品のほうが多い。

 そんな中、想定外だったトラブルも発生した。キレイだと思って出品したシャツの購入者から「襟元が少し黄ばんでいた」というご批判が……。トラブルを避けるために、商品の状態は念入りにチェックすることが大切だとわかった。

 こうして2か月間で約12万円売り上げることに。しかし、いずれも購入時の値段以下で販売したことになる。今度は、思わぬ高値で売れそうな商品を家の中から発掘してみたいーー。

〈 工夫 1 〉ECサイトでの購入品は「アリバイ」画像を添付

ECサイトでの購入品は「アリバイ」画像を添付正規品であることを証明するために添付したECサイトでの購入履歴の画像。自分が購入者の場合、まず商品が偽物ではないかが気になるから。

〈 工夫 2 〉撮影用の布と梱包セットを準備

撮影用の布と梱包セットを準備出品で一番苦労するのは梱包。複数のサイズの段ボールやA4サイズの封筒、ガムテープを用意。また、商品撮影時に下に敷く布も100均の店で購入した。

副編集長・タカセ43歳。出品者デビューは約2か月前。もともと強かった物欲が『DIME』に異動してから過熱した。脱毛器などの美容品は様々購入するも、いずれも努力ができずほぼ未使用で出品。すぐに売れた!

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ