人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.25

あのグループが1位・2位を独占!保険業界の働きやすい企業ランキング

そろそろ将来のことを考えて、いかがでしょうか?…というふうに、保険加入をお勧めされた方も多いはず。そんな営業活動に積極的なセールスマン/セールスレディーを見ると、「保険業界って大変そうだな…」と思うものだが、実際のところどんな感じなのだろうか?

今回、そんな保険業界における「働きやすい企業ランキングTOP10」を紹介する。なお本ランキングは、年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」ユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」という、6項目における評価の平均点(総合評価)が高い保険業界に属する企業をまとめたものだ。

保険業界の働きやすい企業ランキング

東京海上グループがワンツーフィニッシュを飾った。早速、第10位から順番に社員の声を見ていこう。

■10位:三井住友海上火災保険

社員の声
「出産、育児休暇についてはすごく恵まれていると思います。基本的に休暇に入る前にいた場所に戻ることができます。その後も子どもが3歳になるまで時短勤務が可能ですので、心配ありません。ただこれも部署によるとのことです」
(財務・会計関連職/20代後半/女性/年収400万円)

■8位:大同生命保険

社員の声
「中小企業がメインマーケットなので、他の生保に比べれば比較的取扱金額が大きく、経営者の方々とのやりとりのなかから学べることも多く勉強になる。また、さまざまな業種を担当するので、自分自身の見聞も広がっていく。営業として信頼を勝ち取っていくことも、自分の力次第なので面白味を感じる」
(法人営業/30代前半/男性/年収500万円)

■8位:損害保険ジャパン日本興亜

社員の声
「年収は40歳を超すとほとんどの社員が1000万円オーバーとなり、世間の平均からすると驚異的だと思う」
(損害調査/40代後半/男性/年収1000万円)

■7位:アクサ生命保険

社員の声
「残業は基本的に少ない。月に20時間~30時間程度。フレックス勤務なので、自分自身を正しくコントロールできればワークライフバランスもとりやすい。休日出勤を強要されることはない」
(管理関連職/50代前半/男性/年収1500万円)

■5位:かんぽ生命保険 ~日本郵政の強い国内ネットワーク。外国債券などで収益確保を目指す~

全国の郵便局網で保険サービスを提供する「かんぽ生命」。2015年に毎水曜日をノー残業デーに、その他の平日も19時半消灯とするなど、朝型勤務の推進・長時間労働の抑制に乗り出して成果をあげてきた。女性活躍、家庭との両立、障がい者雇用促進、LGBTに関する理解促進など幅広く施策を講じており、男女ともに育休取得率90%以上、女性管理職比率14%以上を目指している。

社員の声
「有給休暇は取得しやすい。無駄な残業も推奨していない。水曜日はノー残業デーであり、定時退社する社員も多い。部署や時期によるかもしれないが非常にホワイトな企業であると感じる。給料に関しては固定給が低いものの、残業代はしっかりと支給されるのでサービス残業といったものはない。男性社員の育休等の取得も勧奨している」
(財務・会計関連職/20代後半/男性/年収400万円)

「出産・育児・介護制度は非常に充実しており、取得しやすい風土もある。また、妊娠中も短時間勤務が適用となるし、育児休業は3年間、短時間勤務は子どもが9歳になるまで取得できる。なので、出産・育児を理由に会社を辞める人は少ない。女性が働き続ける環境は備わっていると感じる」
(会計/20代後半/女性/年収600万円)

■5位:ソニー生命保険 ~ソニーフィナンシャルHD子会社。外貨建て保険で住友生命と業務提携も~

顧客一人ひとりに合った保険提案が強みの「ソニー生命」。貢献しただけ報酬に反映される「ライフプランナー」という独自の職種も。設立当初から出産・育児支援に力を入れ、法令を上回る制度を整備。育休期間は一部有給化し、3歳まで延長可能。小学校3年生まで短時間勤務制度や所定外就業の免除制度も用意している。社内留学、社内公募制度などのキャリア支援制度も充実。

社員の声
「顧客からの満足度は業界一と言っても過言ではない。従業員もやりがいを感じており、働きやすさは抜群。仕事しづらいことはない。あとは自分の動き次第。年収は自分次第で上がり続ける。フルコミッションの世界。年収3000万円も夢ではない」
(ファイナンシャルプランナー/30代前半/男性/年収800万円)

「お客様に安心をお届けする生命保険という金融商品を、自信をもってお届けできる商品ラインナップをもっています。社内の教育体制もしっかりしており、未経験でもセールスマナーから話法までしっかりと教えてもらえます。また、ご契約いただいた方、いただけなかった方、両方から『いい話を聞かせてもらった!』と感謝してもらえ、ご紹介をいただくことができるのも強みです」
(コンサルティング営業/30代後半/男性/年収500万円)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ