人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.28

Sansan、メルカリを抑えて第1位になったのは?自由主義で個性を活かす「カラフル企業」ランキング

ブラック企業・ホワイト企業と、極端な2色に分けがちな日本社会。向こう10年でフリーランスという生き方が台頭すると示唆する研究もある中、企業側も多様な働き方を受け入れることで働き手を惹きつけ、確保する必要があるのではないだろうか。

そこで今回、白と黒だけに収まらない、多様な働き方を実現できる「カラフル企業」はあるのかというテーマのもとに実施された、「自由主義で個性を活かす企業ランキング」を発表する。なお、本ランキングは、就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」における各種スコアを合計し格付けしたものだ。

自由主義で個性を活かす企業ランキング

第1位 株式会社ユーザベース 8.837
第2位 パタゴニア・インターナショナル・インク 8.259
第3位 株式会社メルカリ 8.178
第4位 Sansan株式会社 7.884
第5位 株式会社リクルート住まいカンパニー 7.831
第6位 サントリーホールディングス株式会社 7.761
第7位 株式会社コスモスイニシア 7.744
第8位 三井不動産株式会社 7.736
第9位 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G) 7.718
第10位 三菱地所株式会社 7.716

自由度の高い働き方とは

ワークライフバランスと言うと、「休みが多く残業が無い」といったものをイメージするが、今回ランクインした上位企業は、今までの就業スタイルにとらわれず、自律的に裁量を持った働き方を実現できる環境を整えていることが社員クチコミから見えてきた。ここでは、上位3社にフォーカスし、社員の声を見ていくことにする。

・ユーザベース

社員の声

「所定勤務時間だけクリアしていれば、自由に何日でも休める、直行直帰も自由、会議もリモートでできる、外から社内イントラにもアクセスできる、という環境があるので、個人の意思でどんなバランスでも設計可能。」(営業マネージャー/男性)

「会社が急激に成長しているという意味でかなりのコミットメントが求められるが、ワークライフバランスは自分でコントロールできる。マネジメントを中心として好きで仕事をしている人が多く、そのワークスタイルに流されない自分の意思があれば、プライベートも重視しながら働けると思う。実際に、執行役員・マネージャーレベルでもワーキングマザー&ファーザーは何人もいるし、副業や仕事以外の活動(NPO、大学院生、モデルなど)をやっている社員・アルバイト・業務委託のメンバーはかなり多い。」(セールス&マーケティング/男性)

「非常にバランスしやすい。とにかくフルフレックスで自由なカルチャーがあること。例えば、実家帰省を少し長くしたい時など、誰の何の許可もなく、リモートワークすることができる。営業部門でもオンラインセールスを取り入れてるので、東京で仕事する必要がなく、どこにいてもセールスできるし、成果を出すことができるため。」(SPEEDA法人営業 マネージャー/男性)

・パタゴニア・インターナショナル・インク

社員の声

「インストラスターの傍らパタゴニアで働いている方などもおり、ワークライフバランスについては会社として浸透していると思います。周りもプライベートを充実させたい方が多いので、調整はみんな協力的に行ってくれます。」(店舗スタッフ/男性)

「『遊ばざるもの働くべからず』が社訓としてあるので、みんな色々なフィールドに行き、遊ぶなかで製品を試して感想をフィードバックする、というような風潮でした。休みは取りやすいですし、仕事以外に情熱を燃やせるものがある人の方が魅力があるという感じで、自由な働き方が可能でした。」(接客販売/女性)

・メルカリ

社員の声

「長時間労働を美徳とする空気感は全くないので、自分の仕事をしっかり終わらせれば残業はほとんど無い。20時過ぎになると社内に残っている人も少ない。有給も取りやすく、Slackなどでメンバー間共有すればいつでも休める。」(コーポレート/男性)

「フレックス制度があり出勤・退勤の時間が割りと柔軟で働きやすい。ベンチャーというか若い成長企業にしては業務時間は短めで 20 時になるとひともまばらになる。どうしてもパフォーマンスが上がらないときは5時に帰ることもある。」(プロダクト部門/男性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ