人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.27

イマドキSEは仕事も趣味も充実!年間10日以上有休を取得するメリハリワーカーの実態とは?

SEが、寝不足顔で残業時間の多さを競い合っていたのはもう昔の話。イマドキのSEは、仕事とプライベート共に充実させる“メリハリワーカー”と化しているらしい。

その実態をうかがい知れる、情報システム構築事業を展開する企業・BFTで行われた興味深い調査結果があるので、早速、紹介していきたい。

SEの約3人に2人は年間10日以上有休を取得

今回行った調査によると、BFTに在籍するSE100名のうち、67名は昨年1年間で有給休暇を10日以上取得しており、さらに同人数の有給消滅日数が0日だったことが明らかになった。厚生労働省の調査によると、労働者1人平均取得日数が8.8日(※1)であることからも、高い水準で有給を取得していたことが判明。

プロジェクト終了後、2週間以上の休みを取得できる制度で最大22日の休暇取得者も

また「BFTワークライフバランスプロジェクト」の一環で、プロジェクト終了後に2週間以上の休暇を取得できる制度「フリーバケーション 2week+」を取得した人は12%おり、最大で22日の休暇を取得していた。忙しいと思われがちなSEの仕事だが、プロジェクト終了後には長期休暇を取得してメリハリのある働き方をしているようだ。
※1:厚生労働省「平成 29 年就労条件総合調査の概況」

また、BFTでは社員が誕生日に休暇の取得経験があったことから、誕生月内に1日分の特別休暇(有給扱い)を取得できる制度「バースデー休暇」を導入するようだ。このように社員のプライベートを尊重し、モチベーション向上を目指すワークライフバランス重視の企業は、働き方改革の流れを受けて今後も増え続けることだろう。

【調査概要】
調査名:社内制度利用状況に関する調査   実施期間: 6/1(金)~7/18(水)
調査対象者: 株式会社BFT内SE 100名(男性:83名、女性:17名)
調査方法:インターネット調査

出典元:株式会社BFT

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ