人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.26

電気だけで100km以上走るホンダ「クラリティPHEV」の完成度

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 エンジンと電気モーターを組み合わせたプラグ・イン・ハイブリッドのパワートレインを持つ、ホンダの新しい4ドアセダンが「クラリティPHEV」。これまでにも、同社の「アコード」にもハイブリッド版が存在していたが「クラリティ」は駐車中にコンセントから充電できる“プラグイン”だ。

 プラグ・イン・ハイブリッドのパワートレイン自体は珍しいものではないが、「クラリティPHEV」が突出しているのが、エンジンを掛けずに電気モーターだけで走行可能な距離が114.6km(JC08モード)と飛び抜けて長いことだ。プラグ・イン・ハイブリッドのパイオニアともいえるトヨタ「プリウスPHV」のそれが68.2kmだから「クラリティPHEV」の脚がいかに長いかがわかるだろう。

機械として優れているか ★★★★(★5つが満点)

 エンジンを掛けないEVドライブモードで走り出すと、電気モーターらしい停止状態からの力強く、静かで滑らかな加速に魅了される。そのままEVモードで走り続けると、タイヤと路面の擦過音とボディーの風切り音が大きくなってしまい、電気モーターの静けさは掻き消されてしまうが、力強さと滑らかさは大きな魅力だ。

 それでも、エンジンだけで走るクルマよりは圧倒的に静かだから、大きなアドバンテージになっている。電気モーターとエンジンをドライバビリティーだけを較べたら、エンジンを選ぶ理由はない。それだけ熟成されてきている。コーナリングなども違和感なく、バランスよく走る。

 ただ、路面の舗装やコンディションの違いによるタイヤと路面との擦過音の差がとても大きい。スムーズな路面では静かなのに、ザラついた舗装の上に来ると、ザーッやゴーッといったノイズが急に車内を満たすようになる。これについて開発陣に質すと、問題は把握していて、ノイズレベルを下げるなり、ノイズの周波数特性を変えるなり、様々な改善策を採ったが、解決されていないことを認めていた。今後に期待したい。

 また、エンジンと電気モーターをそれぞれ切り替えたり、同時に働かさせるハイブリッドモードでの働きぶりもよく、調和が取れていた。これまでのプラグ・イン・ハイブリッド車の中には、重量が嵩んでいることによる加速力不足やコーナリングの心持たなさが伴っているものがあった。しかし「クラリティPHEV」にはない。加減速やコーナリングなど走行性能や静粛性などに関わる領域では違和感や不満点などは見当たらなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ