人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これやったらクロ!?元刑事が教えるウソのサイン

2018.08.27

犯罪者のウソのサインが最もよく出る質問とは?

森氏が尋問した中で、犯罪者からウソのサインが最もよく出る質問とはどのようなものだったのだろうか?

「可能性質問が効果的でした。例えばスリの窃盗事件などで『被害者の財布からあなたの指紋が検出される可能性ってありますか?』と聞きます。

これは証拠を匂わせて相手の反応を見る質問法であり、財布に触っている犯人であれば沈黙したり、答えられなかったりします。可能性質問については『反応がない、反応が遅い』というしぐさのウソのサインが出やすいと思います。仮に犯人でなければ『え、そんな可能性はありません。だって盗ってませんから』と即答します。この反応の差でわかります。

また、殺人事件でAさん宅が被害場所だとして『Aさんの自宅の近くで近所の人に見られた可能性はありますか?』と聞きます。まったく関係のない人は『そんな可能性はないです。だって行ってませんから』と即答するはずです。ところが犯人であれば、少なからず見られた可能性があるので『あ、近くを通ったかもしれませんね。』などと供述を変える必要があり、ウソのサインも出やすくなるというわけです。

いずれにしても人間は心当たりのない質問に対しては考える間もなく、即答します。

例えば『今日のランチにウナギ食べたでしょ?』と聞かれて食べていない人は『食べてないよ』とすっと答えが出ます。ところが奥さんに内緒で食べており、それを言うとまずいときには『え、なになに、うなぎ?なんでそんなこと聞くの?食べてないけど』というように即答できずに言葉が挟まります。これも『明確に否定しない』という話し方のウソのサインになるのです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。