人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.25

コーヒーメーカーおすすめ18選!ドリップ式からカプセル式まで各メーカーの注目モデルをご紹介

おすすめのコーヒーメーカーまとめ。「コーヒーメーカーを買いたいけど、どれにしたら良いかわからない」そんな方に自宅で美味しいコーヒーを淹れるためのコーヒーメーカーをご紹介!デロンギ、カリタ、パナソニック、サーモス、ネスプレッソ、タイガー、ZOJIRUSHIなど人気のメーカーの全自動のモデル、ドリップ式、カプセル式まで幅広いモデルを厳選ピックアップ。

おすすめのドリップ式コーヒーメーカー

サーモス 『真空断熱ポット コーヒーメーカー(ECJ-700)』

サーモス 『真空断熱ポット コーヒーメーカー(ECJ-700)』

ECJ-700は、スリム設計で人気のコーヒーメーカーに“マイコン蒸らし機能”を追加搭載。最大の特徴は、ステンレス製魔法びん構造の真空断熱ポットへコーヒーを直接ドリップし、魔法びんの保温力でそのまま保温できること。コーヒーが煮つまることなく、淹れたてのおいしさをキープできます。また、保温中は電源不要のため、そのまま卓上に移動しても使うことができる携帯性も魅力。

出典 公式サイト|サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK

ZOJIRUSHI『珈琲通 EC-TC40』

ZOJIRUSHI『珈琲通 EC-TC40』

価格を抑えた浄水機能付きのシンプルモデル。味に定評のある『珈琲通』の中で最安ながら浄水機能付き。4杯抽出できてコスパ◎

カリタ『TS-101N』

カリタ『TS-101N』

3つ穴ドリッパー採用。1杯抽出のドリップ式は珍しい。サーバーがマグになるので、洗い物も減るという利便性の高さ。

出典 公式サイト|Kalita コーヒーメーカー 1カップ用 TS-101N #41121

レコルト『グラインド&ドリップコーヒーメーカー フィーカ』

レコルト『グラインド&ドリップコーヒーメーカー フィーカ』

忙しくて時間のないときでも、豆からこだわりたいコーヒー好きの人におすすめの全自動コーヒーメーカー。 コーヒー豆を切り刻むように挽くタイプのフラットカッター式ミルを採用しているので手動よりもムラなく均一に豆を挽くことができ、お気に入りのコーヒー豆と水をセットしてボタンを押すだけで、いつでも豆本来の風味や香りを存分に楽しむことができる。

サーモス『ECF-700』

サーモス『ECF-700』

保温・保冷に優れたポットを採用。スリムボディーで場所をとらないので設置もしやすい。真空断熱ポットで煮詰まりなし!ポットをそのまま持ち運べるので便利。

出典 公式サイト|サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.7L ブラック ECF-701 BK

パナソニック コーヒーメーカー『NC-R500』

パナソニック コーヒーメーカー『NC-R500』

濃さ、香り、コクを自分で自分の好みに調整できるコーヒーメーカー。 バスケットでもお湯をためて蒸らし時間を長くした「ドリップ」を採用。蒸らして一気ドリップすることで、手淹れ風の味と香りを楽しめる。 コーヒーのコクが増し、ドリップコーヒーでもリッチな味わいのミルクアレンジにぴったり。また、ステンレスフィルターも付属しており、コーヒーの油分が直接落ちることで、リッチで濃厚な味も楽しめる。

出典 公式サイト|パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー ブラウン NC-R500-T

パナソニック『沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56-K』

パナソニック『沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56-K』

1994年の初号機発売以来、機能進化はありつつも基本は変わらず、多くのファンを持つ。 カルキ分を90%以上カットする浄水機能やミル自動洗浄など機能が充実。 何よりミル機能が秀逸。粒のバラツキが少なく、それがバランスよい味わいを生み出している秘密。見た目は地味でも、底力を感じる逸品。

出典 公式サイト|パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K

デロンギ『ICM14011J』

デロンギ『ICM14011J』

間欠抽出でハンドドリップに近い味わいが楽しめるコーヒーメーカー。 コンパクトながら5杯まで抽出可能。蒸らしながらじっくり淹れるアロマボタンを搭載するなど機能は十分。

出典 公式サイト|デロンギ コーヒーメーカー パッションレッドDeLonghi アクティブ シリーズ ICM14011J-R

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1』

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1』

豆から挽いたコーヒーを簡単操作で楽しめる手軽さとスマートデザイン&コンパクトボディーを両立。細やかな温度管理と斜めシャワーによる丁寧なドリップも自慢。 全体的に飲み口は軽めなので、深め好きの人は若干の物足りなさを感じる可能性も。とはいえ、洗練されたデザインや予約機能のアドバンテージは大きい。

出典 公式サイト|無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー MJ-CM1 MUJI

デロンギ『マグニフィカ全自動コーヒーマシン ESAM03110S』

デロンギ『マグニフィカ全自動コーヒーマシン ESAM03110S』

9気圧の圧力抽出を採用。エスプレッソをベースに様々なコーヒーを手軽に味わえるマシンとして人気。量販店で実売約5万円というコスパの高さも魅力。 厳密にはエスプレッソマシンなので、一般のドリップコーヒーとは違うが、奥深さやコク、飲み応えはさすが。1杯抽出できるのも◎

出典 公式サイト|デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカ ESAM03110S

ヒロ・コーポレーション『3WAYモーニングセットメーカー HWK-1107』

ヒロ・コーポレーション『3WAYモーニングセットメーカー HWK-1107』

1台にホットプレート機能、トースター機能、コーヒーメーカー機能を備えた省スペースで機能が多彩のコンパクト調理家電。 主にシングル世帯向けで使用を想定した商品となっている。トースト1枚、コーヒー約480ml(およそ4人分)、目玉焼き1枚を同時に調理できる。目安としては、コーヒー480mlが約5~6分で淹れられる。

おすすめのカプセル式コーヒーメーカー

ネスレネスプレッソ『ラティシマ・ワン』

ネスレネスプレッソ『ラティシマ・ワン』

コーヒーの持つ豊かなアロマや味わい、なめらかなクレマ(泡)を生み出す最大19気圧のコーヒー抽出システムを採用。 自社一貫生産の厳選されたコーヒー豆を煎りたて、挽きたてで充填したカプセルコーヒーも評価が高い。 タンクに入れた牛乳の分だけ、フォームミルクが抽出される仕組みで、牛乳を無駄なく使い切れる。パーツを分解して洗え、常に清潔に保てるのも◎

出典 公式サイト|F111BW(モカブラウン) コ-ヒ-メ-カ- ラティシマ・ワン

ネスプレッソ『イニッシア C40』

ネスプレッソ『イニッシア C40』

豆の鮮度を保つカプセルを採用。本格的な味わいで価格、サイズ、デザインも良い。カプセルの種類も豊富!

タイガー『ACV-A100』

タイガー『ACV-A100』

UCCのドリップポッドに対応。専用のレギュラードリップを使えばお好みのコーヒー豆も使える。 高さもあるスッキリデザインで、タンブラーへ直に淹れられるので持ち歩きたい人にオススメ。

出典 公式サイト|タイガー コーヒー メーカー 1杯用 2WAY ドリップポッド レギュラードリップ ブラウン ACV-A100-T Tiger

UCC『ドリップポッド DP1』

UCC『ドリップポッド DP1』

UCCの1杯抽出型コーヒーマシン。自動で最適な抽出をしてくれる。操作やお手入れが楽で使いやすい。約60秒で抽出できるので忙しい朝にぴったり!

出典 公式サイト|UCC DRIP POD(ドリップポッド) ハニーホワイト (DP1・W)×1台

ネスレ日本『ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631』

ネスレ日本『ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631』

5種類の味わいが楽しめるマシン。レギュラーソリュブルコーヒー専用。『ゴールドブレンド』が使えて経済的。ランニングコストも含めてコスパは高い!

出典 公式サイト|ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。