人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.23

家計にも環境にもやさしい、今買うべき燃費のいいクルマ!

燃費の良し悪しが車の選択肢の上位となっている現在、各社、ハイブリッドやEV、ディーゼルなど燃費向上に向け切磋琢磨しています。今回は低燃費が特徴の車にスポットを当ててみました。

 

東京〜金沢ロングドライブでわかった!待望のディーゼル版が登場したボルボ「XC60」の実力

「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたボルボのミッドサイズSUV『XC60』から待望のディーゼルモデルが登場した。SUVの最新トレンドをすべて備えた人気モデルの実力を本誌取材班がロングドライブで検証した。

 

100kgの荷物を積んでもスイスイ加速!ホンダ「N VAN +STYLE FUN」の驚きのエンジン性能

働く軽バンの革新的ニューモデルがホンダN VAN。その名の通り、今や国産車の中でもっても売れているホンダN BOX、Nシリーズの1台として加わった4ナンバーの軽バンだ。

 

試乗してわかったホンダ「N VAN +STYLE COOL」ターボモデルの走行性能

働くクルマ、軽バンに革命をもたらしたと言っていい、日本で一番売れているクルマ、N BOXをベースに開発されたホンダN VANには、N BOXやライバル同様にターボモデルが存在する。

 

新しいステージへと進化した「カローラスポーツ」買うならターボ?それともHV?

ここで紹介するトヨタ最新のプラットフォーム、TNGA(Toyota New Global Architecture)をカローラとして初採用したカローラスポーツは事実上、オーリスの後継車(欧州では新型もオーリスのネーミングのまま販売される)であり、ハッチバックのスポーツをまず登場させたのは、カローラの若返り戦略によるものと言っていい。

 

走りの良さとラゲージの使い勝手が絶妙なホンダ『ジェイドHV RS Honda SENSING』

これまでホンダ・ジェイドは“影の薄い”低全高スタイリッシュ&スポーティーミニバンだった。カッコや走りは良くても、2列目席はV字にスライドするキャプテンシートのみで2人掛け。3列目席はスタイリッシュなボディー形状、低全高が災いしてあくまで緊急席。3列目席を格納すればステーションワゴンのようにはなるものの、4名乗車になってしまう・・・。

 

最高出力297kW、最大トルク640Nm!『RANGE ROVER』『RANGE ROVER SPORT』にPHEVモデルが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV『RANGE ROVER』とプレミアム・スポーツSUV『RANGE ROVER SPORT』のラインアップにプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルを追加。先日より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて予約受注を開始した。

 

2.5ℓガソリンエンジンに気筒休止システムを導入!マイナーチェンジしたマツダ『CX-5』の完成度

JDパワーによる日本自動車商品魅力度のミッドサイズ1位となったのがクロスオーバーSUVのマツダCX-5。そんなCX-5は今春、大改良を実施。エンジンを進化させるとともに、これまでの人間中心のクルマづくりに加え、同乗者にもより配慮したクルマづくりを目指しているという。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。