人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.22

持ち忘れ、盗難ゼロ!パスポートがしまえる秘密のフロントポケット付きブリーフ「Speakeasy Briefs」

男性用で、下半身に装着する下着の一種であるブリーフ。

貴男の大切な部分を収納して、鉄壁のガードを誇る、とても機能的なブリーフは、1950年頃に大ヒットしました。

世の男性は、こぞってブリーフを履き、その姿をお互いに競い合いました。

特に、純白でシンプルで華麗なデザインのBVD社の白ブリーフは、当時のブリーフとしての代名詞。

ブリーフ愛好家たちにとって、憧れの的でした。

しかし、黄ばんだら人前ではさすがに躊躇してしまうのが白ブリーフの難点であり、その後、カラフルな色で、オシャレで、黄ばみが目立たない、カラーブリーフが登場し、ふたたび人気を博しました。

1980年頃には、一見下着っぽくない、太ももの部分に余裕がある男性用下着であるトランクスが登場。

下半身を圧迫しないのが大きな特徴です。

しかし、何よりもフィット感を求める人々は多く、ブリーフの人気も健在です。

そんな、ブリーフですが、パスポートをしまえないのが、ブリーフ愛好家たちの悩みの種でした。

おもしろ製品全盛のこの時代、ブリーフに様々な小物を収納できる、そんな都合の良い商品は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

持ち忘れゼロ!パスポートや財布がしまえる、ひみつのフロントポケット付きブリーフ「Speakeasy Briefs」が発表

SPEAKEASY BRIEFS

「Speakeasy Briefs」は、持ち忘れゼロ! パスポートや財布がしまえる、ひみつのフロントポケット付きブリーフです。

ブリーフは通常、小物の運搬はできません。

しかし、「Speakeasy Briefs」にはひみつの隠しポケットが内蔵されているので、パスポート、財布、鍵、携帯電話、スキットル(ウイスキーなどアルコール濃度の高い蒸留酒を入れる携帯用の水筒)など、ポケットに入るサイズのものならば、何でもしまえる、新時代のブリーフです。

パスポートやお財布、その他貴重品は、みんなまとめて「Speakeasy Briefs」の、大きなフロントポケットにしまっておきましょう。

旅行中に、いきなりパンツを脱がされない限りは、貴重品を盗まれる心配はありません。

例えば、愛しい彼女との大切な時間……

「Speakeasy Briefs」のひみつポケットがあれば、慌てずに済みます。

「Speakeasy Briefs」は、からだにフィットするよう、伸縮性バツグンの柔らかい布で作られています。

うっかり「Speakeasy Briefs」を汚してしまっても洗って乾かせば、また履き直せます。これは便利!

「Speakeasy Briefs」のサイズは、S、M、L、XL、XXLが揃っているので、ほとんどの人が、自分に合ったサイズのブリーフを入手可能です。

持ち忘れゼロ! パスポートや財布がしまえる、ひみつのフロントポケット付きブリーフ「Speakeasy Briefs」。

あんまりポケットにモノを入れすぎると、重さでパンツが脱げてしまうかもしれないのでご注意を!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、またはwikipediaなど(メーカーのホームページ、「ブリーフ」「トランクス」の項目など)
※本記事は、あくまでも筆者の微かで不正確な記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍した説明足らずで知識不足の実にテキトーな表現による中身のない誰にでも書ける単なる下らない多少話を盛った紹介風の「エッセイ」であり、特定メーカーや機種、人物、趣味・嗜好・その他いろいろを貶める意図は全く御座いません。また筆者及び編集部はそのサービスの内容や継続性等を保障するものでは御座いません。
※本記事の試用レポートはあくまでも参考となります。実際使われた際に結果が異なる場合もあります。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所は概ねフィクションです。
文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。