人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.20

悪路初心者でも凸凹道にチャレンジしたくなる新型「ジムニー」の魅力

 スズキの軽四駆、新型『ジムニー』は、久しぶりに登場した胸ワクなクルマ。とはいえ、本格四駆ではあるがほとんどの人は舗装路しか走らないだろうし、雪道も体験しないかもしれない。けれど! 悪路初心者こそ新型『ジムニー』で凸凹道にチャレンジしたくなるはずだ。

初心者でも新型『ジムニー』なら悪路が怖くない

 新型『ジムニー』は2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)を切り替えるパートタイム4WDというタイプの本格四駆だ。機械式の副変速機があり、切り替えはスティック状のトランスファーレバーというもので行う。悪路走行では4L(4WD低速)を使う機会が多いだろうが、普段の2倍の駆動力が出るらしい。

 しかし、ここからが新型『ジムニー』の真骨頂だ。自動制御性能がすばらしいのである。例えば急な下り坂では「ヒルディセントコントロール」がブレーキを自動的に制御してくれる。だからゆっくり、じわじわと坂を勝手に下っていく。ブレーキペダルの操作に気を取られずに済み、ステアリングさえ握っていればいいのだから、安心、安心。

 ぬかるみなどでタイヤが空転したとしよう。初心者なら慌ててしまい、アクセルを強く踏み込んで余計にぬかるみにハマってしまいがち。あげくは、スコップなどを使って泥と悪戦苦闘してタイヤを掘り出すはめに……。しかし、新型『ジムニー』はスマートだ。「ブレーキLSDトラクションコントロール」という制御があるのだ。まずは空回りした車輪に自動的にブレーキをかけて、不必要な空転を防ぐ。さらに、空転していないもう一方の車輪にエンジントルクを振り分けて、脱出性能を高めてくれる。「ぬかるみってどこにあったの?」といった感じで、何事もなかったかのように駆け抜けてくれることだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ