人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

始める前にチェック!投資信託で安全性を確保する仕組みとは?

2018.08.18

販売会社・運用会社・信託銀行の3つのプレイヤーによって投資信託が成り立っている

 次に以下の図を見て欲しい。この図は投資信託に携わるプレイヤーを整理したものである。3つのプレイヤーそれぞれに投資信託の機能「販売」「管理」「運用」が分離している。どれかのプレイヤーが潰れてしまっても、お金を失わないように工夫していると理解しておこう。ちなみに運用会社と信託銀行とが「投資信託契約」という契約を締結しているので、金融商品として「投資信託」と呼ばれている訳である。

投資信託に携わるプレイヤー

1.販売会社 投資家に投資信託を販売し、ファンドから発生する分配金を分配する。銀行や証券会社がその役割を担う。
2.信託銀行 投資家から集めたお金を管理する。また運用会社からの指図に基づき金融商品の売買を行う。その名の通り信託銀行がその役割を担う。お金の管理や売買の指図を受けるので「受託者」とも呼ばれる。
3.運用会社 投資信託の商品を組成し、投資方針を決定し、信託銀行に売買の指図を行う。「XXアセットマネジメント」や「△△投資顧問」などの名前が付いている。信託銀行にお金の管理や売買の指図を行うので「委託者」とも呼ばれる。

投資信託を購入するときに受け取る書類(目論見書)での表記(ひふみ投信/レオス・キャピタルワークス)

委託会社・販売会社・信託銀行(受託会社)がそれぞれどこなのかを明記している。レオス・キャピタルワークスの場合は、自社で販売も行っているので、委託会社兼販売会社として表記している。委託会社が直接販売する投資信託を「直販投信」という。
引用元:ひふみ投信 投資信託説明書(交付目論見書)の表紙

お金の運用を担当するプロ側からすれば、投資家から預かったお金を大切に取り扱うための仕組み整備が必要である。そのため3つのプレイヤーに機能を分割しているため、仕組みが複雑に見える。最低でも購入した投資信託の安全性を高める工夫がなされていると理解しておけば十分だ。

文/ぺったん総研

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。