人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.11

元銀行員が指南するビジネスパーソンのためのコミケの歩き方

会場の東京ビッグサイト。展示場全館貸し切りで開催されている。

小学館ではガガガ文庫とサンデーGXが企業として出店

 DIMEの読者の皆さんだとあまり馴染みがないかもしれないが、小学館には「ガガガ文庫」というライトノベル系文庫レーベルと「サンデーGX(ジェネックス)」という月間漫画雑誌がある。コミケ会場内で企業が出店できる「企業ブース」の小学館ブースでは(NO.7051)それぞれに掲載している作品に関連するグッズを販売している。ブースでは試し読み用のガガガ文庫とサンデーGXをそれぞれ無料配布している。「あまりサブカルチャーに触れる機会が無いんだよなあ」という人も、企業ブースであればコミケの熱気を実感しつつ何かしら知っている作品に出会えるかもしれない。

小学館の企業ブース。「妹さえいればいい。」(ガガガ文庫)や「七星のスバル」(同)、「BLACK LAGOON」(サンデーGX)の関連グッズを取り扱っている。求めるファンの列が絶えず、開場早々に完売するグッズもあった。

配布しているお試し本。「おためしガガガ2018夏」は「クロハルメイカーズ 恋と黒歴史と青春の作り方」などの作品の序章部分が7作品分収録されており、「月刊サンデーGX試し読み版」は「深夜! 天才バカボン」などの作品5作品分が収録されている。おまけで「BLACK LAGOON」のポストカードが付いていた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ