人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.15

酒が苦手でもOK!シラフでもアガる「HECATE」って何だ!?

 東京に生まれて32年。

「東京生まれなんですよ」と話せば「あらシティ・ボーイね!」なんて返答される。しかし、僕が生まれ育ったのは中野区、しかもその隅の鷺ノ宮だ。10年前に駅前のマクドナルトも撤退し、少々歩けば畑もある町。郡山出身の友人A曰く「うちの地元より田舎じゃん」。

 曲がりなりにも東京出身、TOKYOに憧れはしない。ただ、満喫する意欲がなければ、そーそー楽しいことも起こらない街だ。ゆえにSuchmosの曲がBGMとして映えるだろう、シティライフなど体験したことはない。クラブといったナイトライフを堪能した経験もなし。僕はシティ・ボーイではなく、どちらかといえばチェリー・ボーイに近い都民である。

 “憧れはない”と書きつつも興味はある。折角、遊びが多い場所の近くには住んでいる。夜遊びといった快楽に溺れてみたい。

 願っていればいつかは叶うもので。先日、知人から「ヨシムラさん、パリピ案件どうっすか?パリピ案件。取材しないっすか?」と初めて聞く案件の紹介を受けた。あれだけ望んでいたのにも関わらず、“パリピ案件”というチャラいフレーズに面食らう。

 一瞬悩んだが、「完全招待制ですよ」というV.I.P感が溢れるワードに説き伏せられる。

 某月某日19時、ドン・キホーテ六本木店前。

「よっ! ヨシムラさん! 相変わらず浮かない顔ですねぇ」と元クラバーの知人はウキウキだ。

 そこから徒歩10分、大通りの裏手にあるビルへと案内される。「怪しい……」私事では、絶対に訪れない場所だ。

 エレベーターに乗り目的の階へ。

「チン!」

 扉を開いて驚く、目に飛び込んできたのは空港のエントランス。ちゃんとキャビンアテンダントもいる。「なんか聞いたことある音だなぁ……」と耳をすませば、空港の環境音が流れていた。ビルの一室なのに、雰囲気は空港。巧みな演出によって、海外旅行に行く前の高揚感が湧いて来る。それと対峙するのは「ここはビルだ」という理性。脳が混乱する。

 そして順番が周り、カウンターにいるキャビンアテンダントから仮面、パスポート風メモ帳、「HECATE」なるドリンクが手渡される。「良い旅を!」と。

「ヨシムラさん、今から僕ら『HECATE ISLAND』に行くんですよ〜。だからパスポートが必要なんですよ〜」と知人。ここで、この空間の説明をやっと受けた。

 さっき渡された「HECATE」はお酒は苦手だけど、パーティーで盛り上がりたい人のために開発されたドリンク。知人が語る「HECATE ISLAND」なるものは、「シラフでアガる」を味わせてくれるシークレットパーティーのイベント。2018年5月に発売を開始した「HECATE」のプローモーションとして週末の夜だけ開催中とのこと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ