人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.18

ヘビーユーザーに学ぶ、海外通販でカルチャーの壁を乗り越えるコツ

言葉の壁、輸入手続きの壁、支払いの壁、カルチャーの壁。ビギナーがクリアすべき4つの壁を攻略するための基本知識と上手に使いこなすためのポイントを紹介!

カルチャーの壁

カルチャーの壁

◎日本の通販の常識を当てはめないこと

 海外通販を楽しむためには、ぜひカルチャーの壁も乗り越えたい。というのは、日本ではトラックや鉄道などあらゆる分野で迅速丁寧な物流が当たり前だが、これは世界的に見ると最高峰のクオリティ。

 実際、「海外のショップは日本よりもかなりいい加減」「日本の常識は捨てたほうがいい」とヘビーユーザーたちも指摘する。

 梱包が雑、商品の箱が汚れている、新品のアパレル商品がしわくちゃということも、普通にあり得る。また、問い合わせのメールに返答しない、商品の発送まで1週間も放りっぱなし、配送伝票の番号を知らせずに送ってくることも決して珍しくはない。

 また、洋服や靴、指輪などは、国によってサイズ表記が違うため注意しよう。同じS・M・L表記でも作りの大きさが違うことがあるので、日本のサイズに置き換える知識も必要だ。

 電化製品は、電圧や周波数、コンセントプラグの形状の違いを確かめておく必要がある。海外では電化製品の仕様が統一されておらず、同じ国でも電圧やプラグの形が異なる場合もある。特に電圧には注意を。日本の電圧は100Vなので、海外製品(120~240V)を使う場合には、ステップアップトランス(変圧器)が必要になる。変圧器は量販店で3000~4000円程度で購入できる。

 DVDやゲームソフトなどは、リージョンコード(生産地域コード)がある場合、再生できない機器もあるので、確かめよう。

 色々な壁があっても、どれも使いこなすための経験。海外通販を楽しむなら、そんな心境でどっしり構えることが大切だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ