人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.11

「お盆玉」って必要?意外と知らないお盆の基礎知識

お盆のこの時期、実家に帰省したりお墓参りに行く人も多いのではないでしょうか? 今回は、お盆の基礎知識からマナー、最新のお盆事情まで、お盆にまつわる話題を集めてみました。

 

子供の3人に1人がお年玉ならぬ「お盆玉」をもらっている!

子供時代におけるお正月の楽しみといえば、やっぱりお年玉。1~2ヶ月、いや、それよりももっと前から「いくらもらえるか」を皮算用して、ウキウキしていた人も多いのではないだろうか?

しかし最近は、夏にもお年玉をもらう子供が増えているのをご存じだろうか? その名も「お盆玉」。

 

みんなは何日?今年のお盆休み、平均日数は4.9日

今年は、祝日“山の日”が8月11日で土曜日。一般的にお盆とされる期間(13日~16日)がすべてお盆休みと仮定した場合、土日と合わせて6連休になる。

しかし、古くからの慣習・しきたりと会社のカレンダーは、必ずしもぴたりと一致するものではない。何かしらの理由で短くなったり、あるいは幸運にも長くなったりすることもあるはずだ。

 

お盆と聞いてイメージすることTOP3

企業や学校の長期休みに伴うレジャーやイベントなどの印象も強い「お盆」だが、本来は先祖や故人の霊をお迎えする期間とされているのをご存知だろうか。

この時期に合わせ、メモリアルアートの大野屋が「お盆に関する意識調査」を実施したので結果を紹介しよう。

 

いつの間にか定着!?「お盆玉」をあげるシニアの平均は○○円

「お盆玉」という言葉をご存知だろうか。あおぞら銀行は、日本の60代を中心とするチャレンジ精神旺盛でアクティブな世代を「Brilliant60s=輝ける60代」と名付け、ポジティブな人生をおくるサポートをすべく、シニア層のお客さまへの資産運用コンサルティングに注力している。あおぞら銀行では、このBrilliant60s世代に注目し、コアとなる全国の55~74歳の男女約2000名を対象にした「シニアのリアル調査」を2014年から毎年実施している。

 

お盆と新盆の違いって?覚えておきたい「新盆」の基礎知識

 仏教の伝統行事、お盆は、過去に亡くなったご先祖様が自宅に帰ってくるといわれる行事のこと。まもなくやってくるお盆を前に、通常のお盆とは準備物や訪問マナーなどが異なる新盆(しんぼん・にいぼん・あらぼん)について、ご存じの方はどれくらいいるだろうか。

 

墓参りには行くべき?意外と知らないお盆の基礎知識

仏教の伝統行事、お盆は、亡くなったご先祖様が自宅に帰ってくるといわれる行事。仏事関連総合サービスのメモリアルアートの大野屋が運営する「大野屋テレホンセンター」にはこの時期、お盆の準備やマナーに関する問い合わせ急増するという。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ