人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.13

お盆シーズンに改めて復習しておきたいお墓参りの作法

お盆のこの時期、お墓参りに行く人も多いとおもいます。お盆は、先祖の霊をお迎えし供養をする、日本人にとって欠かせない文化です。今回は、お墓参りの作法やお墓にまつわる最新トピックスをまとめました。お墓参りの参考に、また、いざという時のための知識を身につけましょう。

 

2018年下半期のトレンドキーワード「レンタル墓」

 親の遺骨を抱え、途方に暮れるという墓問題を解決するのが、年間2万円程度のレンタル墓サービス。既に多くの寺が運営しているが、2011年にいち早くサービスを始めたのが埼玉県東松山市の大谷浄苑西照寺。住職の網代豊和さんが話す。

 

墓じまいや納骨堂を選ぶ人が増える一方で、求められるお墓や寺の役割とは

 少子高齢化と人口の首都圏一極集中は、日本人の葬儀事情にも影響を及ぼしているようだ。人口減少が進む地方では"墓じまい"が、反対に首都圏では納骨堂が増えている。

 

ネットで墓石を購入できるって知ってた?

インターネットで墓石を購入できることをご存知だろうか。石材業界唯一の経済産業省公認団体「全国石製品協同組合」は、お墓(墓石)をインターネットで購入する事に関する消費者意識を把握するため、全国20才以上~69才以下の男女3115人を対象にアンケート調査を実施した。

 

お墓参りに行く頻度の理想と現実

お墓参りの頻度として、1年に何回お墓参りに行っているかを調査したところ、平均回数は「年3.0回」という結果となった。

 

意外と知らない正しいお墓参りの作法

 インターワイヤードが運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「お墓参り」に関するアンケート調査を実施(※)。お墓参りに関しては、8月の旧盆が52.1%と過半数となったが、年末年始も20.4%を記録。なかでも中国・九州地方は35%前後と、かなりの人が墓参りに訪れることがわかった。そこで親類も集まる年末年始の墓参りに備え、その注意点をまとめてみた。

 

覚えておきたいお墓や仏壇のお供えの基本「五供」とは?

a0960_005948

以前、調査会社のインターワイヤードが行なった調査(※)によると、「実家のお墓参りに行く人」は67.4%で、「家族で行く」が85.1%だった。お供え物としては「故人が好きだったもの」として、タバコやワイン、なかにはメロンパンという回答も。メモリアルアートの大野屋では、仏事のマナーや季節行事のしきたりに関する相談に応じているが、今回は、そんな「知っておきたいお墓や仏壇のお供えマナー」をピックアップしてみた。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ