人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.12

今でも薬局の店頭で笑顔を振りまくコーワのケロちゃんの秘密

 筆者が幼少の頃の1970代後半。

 現代の様に、大規模なドラッグストアなど無かった時代。

 よく両親と一緒に、町の薬局にお薬を買いに出かけていました。

 そんな薬局の店頭には、決まって、なんとも可愛らしい人形が、お客様の来店を待っていました。

 その カワ(・∀・)イイ!! 人形のキャラクターデザインは、なんと「カエル」

 なぜカエルなのか?……は、よく分かりませんでしたが、眼をパッチリ見開いていて、とても親しみやすい満面の笑みを浮かべており、つい目が合ってしまって、そのまま薬局の中へ引き込まれてしまいました。

 台座の部分には「Kowa」のアルファベット文字が。どうやら、製薬会社の社名のようです。

 お店の人に聞いてみると、興和株式会社の「コルゲンコーワ」のイメージキャラクターとの事。今では会社のホームページにも、ちょいちょい登場しています。

興和株式会社 製品サイト

 その時には、カエルにつられて、コルゲンコーワの風邪薬を買って帰ることとなりました。

★★★

 時は過ぎて、現代。今でも自宅近くの薬局には、当時とまったく同じ笑顔で、同じ姿のカエルちゃんが店頭に立っています。

 しかし、よその薬局では、それとは違う、女の子と男の子のカエルちゃんが立っていることも。

 いつの間に家族(?)が増えたのでしょうか……?

 物心ついたころから、町のみんなに笑顔を振りまいて、いつからか、ふたりに増えている、コーワのカエルちゃん。

 調査したところ、このふたりの名前は、左側の女の子は「ケロちゃん」、右側の男の子は「コロちゃん」と言うそうです。よく見たら胸に名前が書いてありました。

 基本的に、左右の立ち位置が変わる事はありません。今ではお店のカウンターにも出張しているので、見かけた人も居るかな?

 首から上の画像だけだと、ふたりの見分けが付きにくいかもしれませんが、ではここでちょっとだけ豆知識。

 まつ毛と口元をチェックすれば大丈夫。まつ毛パッチリで、ちょっとおちょぼ口なのが「ケロちゃん」、口元が大きいのが「コロちゃん」です。

 お友達にクイズを出して自慢しましょう。

 自分の親に、いつ頃から「ケロちゃんコロちゃん」が薬局に居たのか聞いたところ、ふたりバージョンのカエルちゃんは、そんな昔ではなかったのではないか、との事。それより前はピンで活躍していて、戦後の高度成長期には、既に店頭に立っていたような気がする……、だそうでした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ