人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.14

夏スマホ本気の採点簿!大画面をコンパクトにまとめた端末はどれ?

HUAWEI P20 Pro6インチオーバーが主流になり、大画面化が進む一方で大容量の電池を搭載して長時間駆動を実現。画角のワイドなディスプレイにより持ちやすさも追求している。

大画面で高精細かつワイドな狭額縁が標準スタイルに

太田 最新スマホでは、画角が18:9などのワイドディスプレイが当たり前になってきましたね。

中馬 フロントカメラ部分を切り欠いたノッチデザインも、最初『iPhone X』で見た時には違和感がありましたけれど、もう見慣れてしまいました(笑)。

太田 ワイドで狭額縁だと持ちやすいし、縦方向に長いので、SNSのタイムラインなどもスクロールを減らせて読みやすい。実はいいことずくめなんですよね。

中馬 それにしても最新のスマホのディスプレイは、どれも甲乙つけがたいくらいきれいですよね。特に4K HDRディスプレイを搭載した『Xperia XZ2 Premium』は、思わず目を見張りました。

太田 確かにきれいだけれど、この機種だけ画角が16:9なんですよね。幅が広くて片手ではちょっと持ちにくいかな。

中馬 3400mAhの大容量バッテリーのためか、重さもありますね。

太田 重くはなりますが、バッテリー容量はいずれも3000mAh以上を確保しています。大画面でも電池が長持ちなのはうれしいですね。

HUAWEI P20 Pro

フルHD+の有機ELを搭載

HUAWEI P20 Proアスペクト比18.7:9の約6.1インチ(2240×1080、408 ppi)のディスプレイを搭載。画面占有率は81.9%。

隠せるノッチディスプレイ

HUAWEI P20 Proフロントカメラ部分を切り欠いたノッチを採用し、ぎりぎりまでディスプレイを拡大。ノッチは設定で隠すこともできる。

しっかりホールドできる

HUAWEI P20 Pro手の大きな男性なら、片手操作も可能なサイズ。サイドが丸い形状かつ、スリムな形状なのでしっかりホールドできる。

高精細さ ★★★★☆  コンパクト ★★★★☆  持ちやすさ ★★★★☆

ディスプレイは標準で「鮮やか」設定になっている。大画面の割にコンパクトで、設定でノッチが隠せる工夫も◎。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ