人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.14

低予算でも諦めないで!進化するキャンピングカー最新事情

ここ数年のキャンプブームと共にキャンピングカーにもブームが到来しています。キャンピングカーの最大の魅力は、移動手段と居住空間が一体化しており、気軽にキャンプを楽しめることです。今回紹介する、隅々まで工夫をこらされたキャンピングカーを見ていると、実際にキャンプへ行った様子を想像してワクワクしてきませんか?

 

あの軽ワゴンが変身!?進化するキャンピングカー最新事情

 2月2〜4日、千葉・幕張メッセで330台を超えるキャンピングカーが集結する国内最大級の展示会「ジャパンキャンピングカーショー2018」が開催された。当日は初お披露目のキャンピングカーや会場特別価格の車中泊グッズ販売、キャンプに役立つキャプテンスタッグ製品の大抽選会などがあり、約6万8000名が来場。2017年の来場者数より減少したが、初日は雪が舞い散るあいにくの天気だったことを考えるとキャンピングカー人気は相変わらずと言える。

 

牽引免許が不要!小型軽量のキャンピングトレーラー&タイニーハウス人気の理由

 軽キャンピングカー人気に押されがちだが、じわじわ主張しはじめているのがかわいいサイズのキャンピングトレーラーだ。

 人気の理由は、牽引車は日常の脚として軽快に使え、キャンプ場では広々とした居住空間を確保できることにある。このトレーラーらしい自由なスタイルに目を付けた企業が、ポップアップストアとして活用している例も人気に拍車を掛けている。

 

圧倒的な存在感!新型『ハイラックス』にシェルを乗せたキャンピングカーがカッコよすぎ

 魅力的なベース車両のモデルチェンジがあれば、キャンピングカー・ファンの購買意欲がグンと盛り上がる。2017年後半には、久々にハイラックスが復活したのが大きなニュース。会場にはいち早くハイラックス Xにシェルを装着したトラキャンがお披露目されていた。

 

今ある愛車を車中泊仕様へカスタマイズできるお得なキットとは?

「キャンピングカー=高価」「今のクルマは愛着があるし、かといってキャンピングカーの二台持ちは予算的に大変」という人は、車中泊キットが狙い目。キャンピングカー登録にはいくつかの厳しいハードルがあるが、近年は8ナンバー登録のメリットは少ない。それに、ベッドやテーブルなど必要な装備のみを装備するキットなら広々と過ごせる。

 

低予算で車中泊仕様に改造!予算別でみた最新キャンピングカーのベストバイ

 7月21-22日、東京ビッグサイトで「東京キャンピングカーショー2018」が開催された。東京キャンピングカーショーは今回で10周年を迎え、展示車両は過去最多の216台。春のジャパンキャンピングカーショーには間に合わなかった初お披露目モデルもあり、のべ2万3000名が来場し大いに賑わった。

 

最新キャンピングカー選び、狙い目は500万~600万円台のプチラグジュアリーモデル

『キャンピングカー白書2018』(日本RV協会発行)によると、国内キャンピングカー保有台数は10万台を突破し、総売上が424億円に達して過去最高を更新中とのこと。

 生産数アップのおかげでコスト削減が叶い、同じ予算でもかつてより高品質のキャンピングカーが手に入るチャンスが増えた。「500万円台」、「600万円台」のキャンピングカーはお買い得とも言えそうだ。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ